中村春菊さんの「月は闇夜に隠るが如く」

月は闇夜に隠るが如く
時代物もいいですね~。
あとがきに書かれていた「結構歴史物が好きで・・」というコメント通り、よかったです。
刀を使ったシーンでも、ストーリーでもおもしろかった。鬼?のように腕がたつ信乃なのに、以外と純粋なところがかわいかった。ぜひ、今度このCDも聞いてみたいと思います。
絵がきれいでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月05日 08:09
中村春菊先生の作品はどれも素敵で大好きですvv以前京都にお住まいだったとか…!?
個人的にはロマンチカが大好きですが、他の作品も見せ方が上手く関心・尊敬するばかりですvv
春菊先生の作品は、本共にどのCDもオススメですよvv
2006年08月05日 19:11
コメありがとうございます。
はい。本当にそう思います。いいですよね。
ロマンチカは有名ですが、まだ読んでいないので、次回は必ず読んで見たいと思います。

この記事へのトラックバック