今週の「銀魂」

今週のD.グレは神田が格好良かった!でも、性格は悪い。
来週も楽しみ♪

今週の「銀魂」は良かったです。
なぜ銀さん×土方なのかよ~くわかる気がしました。



「刀じゃ斬れないものがある」

女子格闘技嬢で偶然出会った万屋の3人と
真選組の沖田

「いや~気偶ですね。旦那方も格闘技がお好きだったとは~
オレは特に女子格闘技が好きでしてね。女どもが醜い表情でつかみ合ってる
とこなんて爆笑もんでさぁ~」

「なんちゅうサディティックな楽しみ方してんだー」と新八
やっぱりサドな沖田クン

「それより旦那方暇ならちょいと付き合いませんかぃ。
もっとおもしろい見せもんがあるんですがね。」
と言って3人を連れてやってきたところは

裏通り。裏の世界の住人達の社交場。
表の連中が目にしないという世界。
そこには地下の格闘場があった。
そこでは鬼の面を着けた男と浪人風の男が真剣で斬り合っていた。

ここでは実際の殺し合いが行われており、
賭が行われていた。

「趣味のいい見せもんだなぁ~」と銀さん
「こんなムナクソ悪いもん見せやがって、
眠れなくなったらどうするつもりだコノヤロー」と神楽
「違法じゃないですか、あんたそれでも役人ですか?」と新八
しかし、沖田は静かに言うのだった。
「役人だから手が出せねぇ。こういうものの後ろにぁ、
強い権力が見え隠れするんでさぁ」
「お上も絡んでるって言うのかよ。」銀さん
「変に動けばうちも潰されかねないんでね。
自由なあんたらがうらやましいや」
沖田が何をいわんとしているのか悟った銀さんは
「言っとくがなぁ、俺ぁてめぇらのために働くなんざゴメンだぜ」
「おかしいな。あんたは俺と同種だと思ってやしたぜ
こういうもんはムシズが走る程嫌いなたちだと・・
あれを見てください。レンゴクカン最強の闘士の
キドウ丸。奴を探りゃ何か出てくるかもれません。」

そしてこのことは沖田の個人的な頼みであって
近藤や土方は知らないので内緒だという。

場面は変わり
寺の前で探る万屋3人。
キドウ丸を追って来たのがこの寺だった。
そこに悲鳴が聞こえてきた。
走り出す銀さんが寺の中を覗くと
たくさんの子供達が騒いでいるのだった。

その後ろから銀さんのケツにカンチョー

寺の中で謝る和尚に
銀さんは鬼を知らないかと聞いたところ
いきなり目の前で鬼の面を着ける和尚。
キドウ丸はたくさんの捨て子を育てる
やさしい和尚だった。
昔は人斬りだったが今は子供達を宝と言い
大切に育てているのだった。
帰り際に銀さんは子供の一人に
万屋の名刺を渡し。
「何かあったらうちに来い。サービスするぜ」
と帰っていった。

一人で探る沖田。
後ろからいきなり声がかかり振り向くと土方が立っていた。

場面は
「バトルイヤル」というアァミリーレストラン
それにしてもすごい名前・・・・
そこで土方、沖田、銀さんの3人
3人の目の前には不気味な食べ物が
それはカツ丼土方スペシャルというカツ丼の上にマヨネーズが
大量に乗った物体だった。

「こんなスペシャル誰も必要としてないんだよ。
ねぇちゃんチョコレートパフェ!」

と注文する銀さんに

「お前は一生糖分とってろ!」

と土方。
おまけに沖田は

「すげぇや土方さんカツ丼を犬の餌にしょうかできるとは」

「なんだこりゃ~おごってやったのにこの敗北感」

本当に個性の強いキャラばかりで楽しいですね~
土方は銀さん達万屋に手をひけといってきた。

場面は変わり寺で張り込む
新八(パスタ)と神楽(ヤマさん)
すっかり刑事気取りであんパンを食べなから
張り込む2人だったが、
後ろから現れるドウシン(キドウ丸)。

ふと横を見ると馬車に逃げ込む子供達。
このまま江戸を出ていくというのだった。
「もう、殺しはしたくない」
それが江戸を出ていく理由だった。
早く行けと見送る2人に礼を言って馬車に乗り込むドウシン。

しかし、レンゴクカンの連中が黙って行かせるはずはなく
襲われて槍で刺されるドウシンだった。
「どこまで行くの?」
という子供の問いに対して「そう遠くへは行けそうにない」と言う。

場面は万屋
沖田と万屋3人。
沖田はドウシン(キドウ丸)の死の知らせを持ってきたのだった。
そこに子供達が仇を取って欲しいと
自分たちの宝物であるおもちゃを持ってやってくる。

「おいガキ、これは今流行のドッキリマンシールじゃないのか?」

「そうだよ知っているの兄ちゃん」

「知っているも何も俺も集めているんだよ。こいつのためなら何でもやるぜ。
後で返せって言っても遅いからな」

「酔狂な野郎だとは思っていたが、ここまで来るとバカだな。

小物がひとりで刃向かったところで勝てる相手じゃないんだよ。

死ぬぜ」と戸口にたたずむ土方。


「てめぇに迷惑はかけねぇよ。どけ!」

何かどうして同人誌に多い組み合わせが銀さん×土方なのか
わかる気がしました。
いいですねこの2人。


「別にてめぇが死のうがかまわん。ただげせねぇ。
わざわざ死にに行くっていうのか?」

「行かなくても俺は死ぬんだよ。
俺にはなぁ心臓よりも大事な器官があるんだよ。
そいつは見えないが確かに俺のドタマから股間を真っ直ぐ
ぶち抜いて俺の中に存在する。
そいつがあるから俺も真っ直ぐ立っていられる。
フラフラしても真っ直ぐ歩いていける。
ここで立ち止まったらそいつが折れちまうんだよ。」


と出ていく銀さん
「とんだロマンチストだ」
と言っておもちゃをあさる神楽と新八はとっととおもちゃを見つけて
銀さんの後を追う。

「どいつもこいつも・・・」
「全く馬鹿な連中ですね。命をかけるなんてぱかそのものだ」

とおもちゃを見つける沖田

「俺もまたばかそのものでさぁ」

沖田は眼鏡に鼻とヒゲのついたものをかけていた。

ツボです。完全にはまりました。

場面は闘技場へ
鬼の面を着けた銀さん
「あいつは死んだはず。消え去れ!」
「消えねぇさ真っ直ぐに生きた魂は消えない」
と木刀で戦う銀さん。
面が割れて現れた顔を見たレンゴクカンの輩は
「侍の目だ・・・」と言う

そこに現れた新八と神楽も鬼の面をつけて
「ひとーつ。人の世の生き血をすすり」新八
「ふたーつ。ふらちな悪行三昧」神楽
「みいーつ。」と2人で銀さんを指さす。
「みいーつ。淫らな人妻を・・」
「違う!!!」
銀さんの上に飛び降りる2人
「みいーつ。醜い浮き世の鬼を」
「退治してくれよう万屋銀ちゃん見参!!!」
とポーズ。
暴れる3人
「てめーらこんな真似していいとおもってんのか、
俺達のバックに誰がいると思ってんだ」
と沖田にくいつく輩に対して
「さぁー見当もつかないや。おめー達の後ろに誰がいるって?
僕たち真選組だよ~」
と土方。
結局一番悪い奴には逃げられたが
このレンゴクカンは潰すことが出来たのだった。



銀魂 4(初回限定版)
銀魂 4 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月20日 17:39
るる様☆こんばんは(#^.^#)
またもや銀さん見逃しました~(T_T)
というのも、PC画面に向って必死で小説を書いていたのですうぅ・・・っ
テレビはついていたので音声は聞いていました・・・
だからるる様の解説で補足します~
2006年10月20日 21:03
ゆの様☆こんばんは~
そうだったんですか。
ゆのさんの小説の続きが楽しみです。
今回は話が長くなっちゃいましたが、
おわかりでしたでしょうか?
ビデオ見ながら一生懸命でした(笑)

この記事へのトラックバック