今週の「銀魂」

『メニューが多いラーメン屋はたいてい流行っていない』

検問をする真選組沖田。
そこに自転車でやって来た男に
下着泥棒が多発していると言って身分証明を求めた。
ところが男は自転車で逃走する。
逃走途中で頭に被っていた笠がとれた。

「沖田隊長。あのロン毛は・・・
「みっ~け桂
と沖田はバズーカを撃った。
しとめたと思いその場所に来た沖田。
しかし、そこに桂の姿はなかった。

桂は隠れてはいるものの衝撃で足を怪我してしまった。
屋根づたいに逃げながら
「やばいなぁ。囲まれたかこれでオレも万事休すか
と言いながら何かを掴んだ。
ふとそれを見ると、ブラジャー
物干しで洗濯物を干していた女性と目が合う。
サンタクロースと言ったものの女性は桂をぶっ飛ばしていた。

「北斗心軒」というラーメン屋のカウンターで
ラーメンを差し出される桂。
「私はいくまつ」という女性はラーメン屋の店主だった。
「オレは桂だ。好物はそばだ」
とラーメンを食べながら言う桂。
「それにしてもあんたあんなところでなにしてたわけ?」
「あれだ、道間違えてな」
「へぇ~道間違えて屋根の上歩いてたのか?天国でも行こうってか?」
そこにサイレンの音がすると桂は素早く入口で外の様子を伺う。
「しばらくここで雨宿りさせて欲しい」
と言う桂にいくまつは
「雨なんか降っていない」
と言う。
仕方なくラーメンの修業を申し出る桂。
いきなり現れる死んだ旦那の弟とその友達の3人組。
いつも金をせびりにきているらしい。
蝶ネクタイにベストを着た桂が登場。
3人に「前菜です」とチャーハンを出す。
3人のごろつきは攘夷を理由に金をせびっていた。
「何が攘夷獅子だ。金が欲しいだけのごろつきが!!外でたむろしている真選組もあんたらみたいな小物は相手にしないじゃない
といういくまつに手を出そうとする義弟に桂は
「メインディッシュをお持ちしました」
とチャーハンを出す。
いきなりおなかが痛くなる3人が厠へ駆け込むが
桂が占拠する。
逃げ帰る3人。
いくまつは桂を雇うことにするのだった。

ラーメン屋で修業をすることになった桂は
桂が北斗心軒にいることを見て逃げ出す義弟達。
怪我の手当もしてもらい、良くなっていく桂。

一方真選組沖田と土方は団子屋で団子を食べながら
「お前が真面目に仕事をするのはめずらしい」と言う土方に
「珍しいのは土方さんです。団子にそんなもんつけて食う生き物他にいやしネェ」
「食うか?」
とマヨネーズつきの団子を差し出す土方に沖田は立ち去っていく。
「だかな~これ何すか?」
と団子屋店主が指をさすところを見た土方。
爆弾が爆発してアフロに。
「油断するなよ副長」
と微笑む沖田。

義弟達は店に入れないが何かをたくらんでいるらしい。

店が終わっていくまつと酒を飲む桂はいくまつに
ラーメンに何かが足りないと言う。
いくまつはわがっている。と言うが
桂はこのままじゃ行けないと言いたかった。
それもわかっていたいくまつ。
「私の旦那、攘夷獅子に殺された。」
その言葉に驚く桂にいくまつは
「目の前の人も救えないのに、国なんて救えるわけがない。何が獅子よ。何が侍よ。嫌いなのよ」と言う。
それを聞いて黙り込む桂。

翌日意を決した桂はいくまつに話をしようと店に降りると
いくまつの姿が見えない。
「信用しすぎだ」
と呟く桂だが店の外に出て
スクーターを見つけると
不審に思う。

一方いくまつは義弟達に連れ去られ、かごに入れられて
売られようとしていた。
その行く先に検問をする真選組沖田達。
見つかったらヤバイという義弟達は検問を突破する。
「間違いない。あのかごの中は桂だ」
「待て~桂
その声を聞き、義弟達は
あの男こそ攘夷獅子の桂小太郎だと気づくのだった。

その目の前からスクーターに乗って
両手にチャーハンを持った桂が義弟達をやっつけるのだった。
「2つだけ言っておく、
1つ2度と攘夷獅子と言わぬ事。2つ2度と北斗心軒ののれんをくぐらぬ事」
と言う桂。

無事救出されたいくまつに桂は
「話している暇はなさそうだ・・・」
と自分が攘夷獅子であることを打ち明けようとすると
「知っていたわよ」
といういくまつに謝る桂に放っておけなかった
「だから謝ったりしないでよ」
と言う。
「これだけは言っておく」桂
「ありがとう」
と2人同時に言うと立ち去っていく桂。
しばらくしてかごの中は桂だと思い込んでいた沖田は
かごの中のいくまつの穏やかな顔を見て黙り込むのだった。

ラーメン北斗心軒を訪れる銀さん
メニューを見て
「そばなんてメニューあったっけ?」
「食べてみる」いくまつ

☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆

銀さんは最後しか出なかったのですが、

ヅラ萌え!!!

でしたね~
改めて桂さんの魅力が・・・

こういうジーと来るところが「銀魂」の魅力だったりするんですよね~


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2007年01月19日 13:13
銀さんは、今回はすっかり影に追いやられてるネ~(笑)。
でも、桂サン好きなひいには堪らない話デス♪
バズーカを打つ冲田にもホレてますが(笑)。
2007年01月19日 13:34
こんにちわ!
久々に少しだけ見ました・・・
銀魂って幕末パロディなので幕末ファンのれいレイにとって微妙なんですが、つい見ちゃいました・・

桂小五郎&幾松良かったですね!
2007年01月19日 13:56
ひい様☆
桂さん良かったですね~
あのロン毛にやられちゃってます(笑)
沖田のSぶりも健在でしたね(汗)
2007年01月19日 13:59
れいレイ様☆
幕末ファンがここにも!!!!
戦乱とか幕末とか
とても惹かれますね。
新撰組とか好きだったのですが、
銀魂はちょっと別物かなぁ~
と思いながら見てます。
何か根本にある想いが好きなんですね。
2007年01月19日 17:53
るる様☆こんばんは

昨日は冲田クンと桂さんが出てましたね
「○ロ本隠し持ってるだろう?」とかって
言っていませんでしたか??(#^.^#)
エンディングも新しくなってしまったのですね
Gin
2007年01月20日 00:09
今回の桂が可愛く見えたのは、私だけかもしれない(特にごまかすシーンとチャーハンが)orz
2007年01月20日 01:05
ゆの様☆こんばんは
はい。たくさん出てきましたね。
というより桂さんが主役でしたね。
うれしかったです。
エンディングは前の良かったのに
と思いますが、変わるの早いですよね。
2007年01月20日 01:08
Gin様☆こんばんは
いえいえ私も桂さんが可愛いと
思いました。
シャイですね☆
チャーハンはツボでした。

この記事へのトラックバック