「花嫁は二人いる」

今日は小説はお休みです。
展開が行き当たりばったりで何も考えていませんので
少しだけ方向性ぐらい考えようかとも思いますが、無理かな~


花嫁は二人いる

愁堂れな様著 樹要様イラストのボーイズラブです。

花嫁ものは初めて読みました。

BLはとても好きなのですが
何故か「男同士の結婚ってどうなんだろう?」
などと正直抵抗がありました(汗)

ところがこれはちょっと違いましたね。

「花嫁は二人いる」のです
これがなかなかおもしろかった。

お話は
舞台は没落華族の寺島伯爵家。
長男一嗣は正妻の子、長女春海と次男春臣は愛人の子。
その春臣が12歳の時に偶然会ったのが
侯爵である九条家の長男の恭也だった。
自分が九条家の次男であることは秘密でありながら
春臣はその時恭也に九条家の子であると言ってしまった。
その時から恭也への思いが灯っていた。

時は流れて5年後
九条恭也が寺島家を訪問した。
その理由は晴海を嫁にもらいたいと言うことだった。
しかし、晴海には秘密があり・・・


これ以上はネタバレになってまいまいすね。

う~んでしたよ。
表現がなかなかリアルで

初夜は緋色の襦袢でした
いいですよね。何か遊郭みたいで・・・

見出しタイトルが
  4.初夜  5.露呈  6.痴態  7.淫靡 ・・・・
とそれだけでもHっぽいと思ってしまうのは私だけでしょうか

ちょっと意地悪な恭也にドキドキでした

個人的には晴海のお話も
すごーく興味がありました。

も~樹様イラストステキです




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月23日 21:44
るる様☆こんばんは
樹さまのイラストが綺麗ですね(^_-)-☆
るる様が紹介されるとクラクラ~と、そそられてしまいます
初夜に淫靡・・・(@_@。
2007年01月23日 21:56
ゆの様☆こんばんは~
この背景、自分で設定しておきながら
ルルに萌えます~☆
スミマセン・・・(反省)
このお話は他にも
白無垢、緋色の襦袢、メイド服・・・
とコスプレものではなくても
見事に設定に組み込まれています。
すごいですvv
2007年01月23日 23:57
るる様、こんばんゎ☆
素敵イラスト&そそられる内容…。
しかも見出しタイトル、メッチャHですよぉ~。
奥深そうな背景で読み応えありそう☆

るる様の紹介の仕方がとても上手くて
すぐ本屋に行きたくなっちゃいます。
2007年01月24日 09:00
凛子様☆おはようございます
そういえばアカデミー賞ノミネートも
凛子さんでしたね。

関係ありませんね。(笑)
いつも本は単純にイラストで選んでしまう
ので、イラストは好きです☆
紹介ですか~ありがとうございます。
じゃあ、アマゾンにも感想入れておこうかと
思います。
2007年01月28日 01:08
るる様☆はじめまして。poppy-23と、申します。
ブログ新参者で、まだあまり慣れておりません。
失礼がありましたら、お許しください。

>何故か「男同士の結婚ってどうなんだろう?」
>などと正直抵抗がありました(汗)

実は、わたしもちょっと花嫁姿の男って言うのは抵抗あったので、この本も見かけていましたが読んでいませんでした。
(ただ、あさひ木葉さんの「軍服の花嫁」は、読んでしまいました。こちらは、素肌に白無垢でした)
るる様☆の、ご紹介文でちょっと、いやかなり気になって来ました。

>しかし、晴海には秘密があり・・・
の秘密が、すご~~~っく気になります。
たぶん、買ってしまいそうですね。。。

また、オリジナル小説の方も拝見させていただきます。どうか、よろしくお願いします。


2007年01月28日 17:31
poppy-23様☆はじめまして
ありがとうございます。
失礼なんてそんな・・・どんどん言いたいこと言っちゃって下さい。

あさひ木葉さんの本はこの間一冊読みました。
Hでしたが感動ものでした。
「軍服~」は読んでみたいと思っていました。
是非今度読んでみます。
この本は素直に面白かったですよ。
「ほう~」というセリフに萌えました(笑)
2007年01月29日 14:55
るる☆さん。こんにちは。
さっきは、わたしの「秘密の花園」に来ていただき、ありがとうございました^-^)
>あさひ木葉さんの本はこの間一冊読みました。
>Hでしたが感動ものでした。
>「軍服~」は読んでみたいと思っていました
そうなんです。あさひさん、エッチなんですけど感動しちゃうんです。
もう、あのえっちさと全体からただようムードがたまらなくって、一度読むとクセになります(?)
「軍服」シリーズは(2作だけだけど)私的には
「軍服の愛妾」のほうが、好きです。オススメです。苦しんで、悶えて、泣いて、しみじみ~~します。ツンデレ好きにはたまりません。

あ、そうだ早速ヤフオクで「花嫁は二人いる」を入札しました。結構出品されていました。
無事に落札できるか、ドキドキ楽しみです。
ではでは、お邪魔しました。
2007年01月29日 22:45
poppy-23様☆
落札できましたか?
まだ出たばかりの本なので
古本屋にはまだ出てこないかもしれないですね。オークションには出るんですね。
イラストの樹要先生が大好きなので
私は全部ストックしてます。
結構たまっちゃいました(笑)
「軍服の愛妾」ですか?
探してみますvv

この記事へのトラックバック