オリジナル小説(BL)番外編第24話

『キンモクセイの魔法に誘われて』番外編

『リゾートの海に誘われて』

※このお話はフィクションです。



「あん」
藤井は思わず甘い声を漏らしていた。



秀は買い出しに来てエレベーターを待っていた。
そこに見覚えのある少年達。

「あれ?櫻井じゃん」

「ああ、秀。買い物?」
櫻井は秀の持っている袋を見てそう言った。

「まあな、ちょっと飲み物のと食い物の調達。
ところでお前らこんな時間にどこへ行ってたんだ?」

櫻井と一緒にいる小柄な少年とも目をあわせながら秀は
到着したエレベーターに乗り込んだ。櫻井と要も一緒乗り込んだ。
「ああ、疾風達と一緒でさ」

「たち?」

ちょっと不振そうに秀は首を傾げる。

「ああ。せんせーって呼んでたからお前達の引率の教師じゃね?」
櫻井は要に「なっ!」と同意を求めると彼も頷いた。

「ほう・・・そういうことか」

秀は何かを悟ったように口元だけを吊り上げた。

「じゃあな。俺達この階だから・・また会おうな」
そう言いながら櫻井と要はエレベーターを後にした。

2人が降りてから2つ上の階に到着すると
秀もエレベーターを降りると彬生が待っている部屋へと真っ直ぐ歩いていった。

「彬生!おもしろい情報聞いたんだ」

ドアを開けると同時に秀はソファに座って
観光雑誌を見ていた彬生に話しかけた。

「え?何?」

観光雑誌に出ていたダイヤモンドヘッドの写真に
見入っていた彬生はその雑誌をそのままテーブルの上に置いた。

秀は部屋に入って鍵をかけると、
持っていた袋からミネラルウォーターをテーブルの上に出した。

「疾風のヤツ、彩ちゃんと外出していたらしいぜ」
「え?藤井先生?何で疾風と?」


ミネラルウォーターを手にとってふたを開けようとして
なかなか開かない彬生はそれを取りあげた秀を見た。
「相変わらず彬生は疎いなぁ~」

秀はカチッとミネラルウォーターのふたを開けると彬生に手渡しながら
「疾風は彩ちゃんのことずっと好きだったんだ」
「えっ?!!!知らなかった。じゃあ秀、
今日のアレってすごく疾風に恨まれたり・・」
「したよな。でも、逆に感謝もしてるんじゃね?」

そう言って秀は自分でもミネラルウォーターを口に付けてごくごくと飲んだ。
横から見ていた彬生はその姿がやけに色っぽく見えてしまい目をそらした。
「ん

その視線に気づいた秀は彬生のそらした視線を無理矢理引き戻した。
「ばーか。照れなくても良いじゃん2人しかいないんだし」
秀の口の端からこぼれた水が喉をつたっている。
彬生は無意識にその水を指先ですくい上げていた。

「おっ!彬生君から誘ってくれるとは珍しい・・
うれしいんだけどオレは途中でやめられねーよ」
「ちがっ!」

真剣ですごくかっこいいもとい、
かっこよく見えてしまった秀に彬生は少しとまどった。


「なぁーんてな」

彬生のとまどう姿に秀は笑いながら視線を逸らして
彬生が置いた雑誌を手に取った。
「ダイヤモンドヘッドか・・明日行こうか?」
「え?!いいの?」
「ああ、疾風と彩ちゃんも誘ってさ・・・」
そう言った秀の横顔が少しだけ大人びて見えた。
(ありがとう・・秀)

<つづく>



色々な本を読んでいると
その都度影響されやすい自分が情けないです

その度にお話の方向性がHになったり、ほんわかしたり、
または過激になったりしますね

ま~そこがプロじゃないいーところかもしれません。
(いや、読んでいる方は訳わかんないからオイ!!)

ってとりあえず彬生と秀は絡んじゃダメなキャラなんです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月15日 19:27
るる様☆こんばんは

やっと登場ですね~彬生&秀カップル♪
待ってましたよぉ~
8(^∇^8)(8^∇^)8
それにとっても良い雰囲気の二人ですネ

「彩ちゃん」かぁ・・・この呼ばれ方
可愛いですね♪

そうなんですよ~自分が読んでいる本に左右されちゃうんです(#^.^#)
今、日樹&高原を書いたら勿論、あのキャラさん達になってしまいますぅ
2007年03月15日 21:38
るる様☆こんばんは

やっと来ましたね!
さあこれからどんな展開を見せてもらえるのか楽しみです。あれ?この2人の絡みはなくなっちゃったのですか?
バカンスにはありがちのアバンチュールに発展するものとばかり思っていたんですが~~?
残念!
もっと彩先生が見たいかも!
2007年03月15日 22:20
ゆの様☆こんばんは
突然思いついてしまいました。
彩ちゃん・・・この方が秀っぽいかなぁ~と
思いました(笑)

やっぱりゆのさんもそうですか?
その度に番外編を書きたくなっちゃいますよねvv
2007年03月15日 22:23
かなた様☆こんばんは
そうなんですよね~
どうしようか迷ってます(汗)
でも秀とアバンチュールしたら
彬生が節操なしみたいで(汗)
その分他のキャラ弄りますから
勘弁して下さい(笑)
2007年03月16日 00:43
るる様、こんばんゎ☆

彩チャンの一言喘ぎにウハウハです。
チャン付けで呼ばれるって事は
生徒達に人気あるんだろうなぁ~♪

で、再び可愛い二人が登場だゎ。
彬生くんが鈍感なのに比べて
秀はホント周りを良く見てるねぇ~☆
しかも大人だもん、カッコイイわ。
絡みがないのは少し残念だけど
彬生くんが節操ナシなのは嫌だわ…。(笑)
2007年03月16日 12:20
凛子さま~☆こんにちは
感激ですぅ~サプライズ!!!!!!!!!
彩ちゃんも疾風もすごーい!!!
うれしいです。
彬生と秀の絡みは寸止め状態(汗)
秀はワンコみたいにずっとおあずけ
されてます(笑)
だからたまにKISSぐらいは
許してあげるんですvv
2007年03月16日 13:21
こんにちわ☆
彬生と秀の絡みは描きにくいよね・・・本命別にいるから・・・
彩ちゃん&疾風のコンビはセンセーと生徒のシチュエーションの方が描きやすい♪
チョイツンデレっぽいからかな???

我慢してんのにチューなんてされたら爆走しちゃわないの??ご馳走様状態だわよ!!!!
2007年03月16日 21:18
れいレイ様☆こんばんは
そうか~暴走しちゃうよね。
でも・・・それでも書きたいです。(汗)
疾風&彩がツンデレ・・そうかぁ~
それいいですね。
これからの展開はそれに決めましたvv

この記事へのトラックバック