「媚笑の閨に侍る夜」

媚笑の閨に侍る夜

読み終わりました~

鈴木あみ様著 樹要様イラスト
ボーイズラブ小説です。

「今から数年前、売春防止法が廃止され、一等赤線地区が復活した。
昔ながらの遊郭や高級娼館等が再建され、吉原はかつての
遊里としての姿を取り戻した。~」


という文章で始まる遊郭シリーズも6冊目となりました。

前にご紹介した「愛で痴れる夜の純情」の主役の
綺蝶と蜻蛉も禿(かむろ)という色子予備軍で登場します。

今回は玉芙蓉という傾城のお話です。

なぜか男の趣味が悪く、自分のお金であがらせているにも
かかわらず騙されてひどい目にあってしまう。
玉芙蓉はお職(№1)をとれるほどの美貌でありながら・・

いつも説教をする顧問弁護士の上杉は
玉芙蓉の誘いに屈することはなかった。

しかし・・・


これ以上ダメですね。
お知りになりたい方は読んでみてください。

あまりにHなので
一部だけ文章を書き出しました。
チラ見は反転でどうぞ


「可愛くねぇ」
呟きながら唇をつける。
片手で支え、根本から先端へ向かって、
ねっとりと舌を這わせた。
余すところなく触れたくて、
何度も何度も繰り返しする。
次第に質量を増してくるそれが
愛おしくてたまらない。
「・・・・・っ」
咥えると、上杉が小さく息をつめるのが
伝わってきた。
その息づかいにぞくっと背筋がふるえた。


ここまで読んじゃいましたね~

いかがでしたか~
BLってばや~らし~ですよね~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月25日 23:56
るる様、こんばんゎ(。>ω<)ノ

遊郭ものは、ホント萌えますねぇ~。
シチュエーションに時代背景に服装に…。
堅いような世界で、淡い一時。
しかも、Hな内容とくれば見るしかないジャン☆

BLって本当に色々な表現があって楽しいです。
イチャラブだったり、激エロだったり、シリアスにギャグ
何でもカマァーンだから止められません☆www
2007年04月26日 05:30
るる様☆おはようございます

やっと読みはじめました∪^ェ^∪
玉芙蓉はこんな性格だったんですね
彼の顔の輪郭がなんとなく好き
密かに上杉弁護士・・・萌え~な私(#^.^#)
知的クールは憧れます、それに
騙され上手な人って・・・いますよね
2007年04月26日 23:02
るる様☆こんばんは

ヅラコに「るる好き?」って聞かれちゃったから
「うん、好き」って答えときましたんで!
あと、今日は「番外編・・・」しか話してくれませんでした(>_<)

鈴木あみさんですね~~以前るるさんがお勧めしていたのを見て読んでやろうと思いつつ、なかなか読めません・・・(T_T)
2007年04月27日 15:09
凛子様☆こんにちは

遊郭お好きでしたか?
良いですよね~
そうなんですよ~なんか設定に萌えますvv
HなBLもっとたくさんありますが
遊郭という設定が切なげでやっぱり
いいんです。
2007年04月27日 15:11
ゆの様☆こんにちは
そうですね、最初の玉芙蓉のイメージは
少し意地悪な傾城という感じでしたが、
この本を読んでイメージが変わりましたね。
メガネで理知的な弁護士がお相手とは
ツボを抑えられてしまって
手も足も出ませんねvv
2007年04月27日 15:14
かなた様☆こんにちは
いつもヅラコと遊んでいただいて
ありがとうございます。
そうなんですよ~
いつも同じ事ばかりしか言わなくて・・
多分私のブログのタイトルがいつも一緒だから
(汗)なんですよね。
BLとか番外編とかオリジナルとか(苦笑)

この記事へのトラックバック