全寮制櫻林館学院~ゴシック~

全寮制櫻林館学院~ゴシック~
雪代 鞠絵 (著), 高星 麻子 (イラスト)のボーイズラブ小説です。

前回ご紹介したルネッサンスとのシリーズものです。
こちらのゴシックはCDが発売されたみたいです。

お話は

編入生の村生春実は、従兄弟の和真と同じ学園に来た早々
いきなり和真に呼び出されて
「自分はソルトラムのメンバーで迷惑なので身内だと名乗るな」
と言われてしまう。
春実がここに編入したのには訳があった。
そこに偶然居合わせた上級生の朝水志貴にケガをさせてしまい
これから毎朝身支度をととえるために部屋へ来るように
言われる。
この志貴はソルトラムの3年生のメンバーで
和真よりも先輩であり
誰もが憧れる容姿と家柄の持ち主だった。
けれど本人はこの学校にいる間だけは自由だと
何に対しても無気力だった。
そんな志貴が初めて興味を持った春実だが
ソルトラムの会長決定のためのゲームの
「子羊」に選ばれてしまった。


とまあこんな感じの内容なのですが、
これがまた泣けるんです。
気づいたらあまりHなシーンはないのですが
すごく良かった。

前回ご紹介した「ルネッサンス」では生徒会長の香月と蓮のお話でしたが
今回もこの2人は登場します。
実はこの「ゴシック」の方が先に書かれたのですが
時間軸は「ルネッサンス」が志貴と香月と蓮が2年生で
「ゴシック」は3年生のお話なので
この「ルネッサンス」「ゴシック」の順番がなんとなく
いい気がしました。

とにかくこの作者ちょっと買いです
良かったですvv



全寮制櫻林館学院~ゴシック~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月28日 20:37
るる様☆こんばんは♪

これは先日ご紹介してくださった
綺麗な挿絵のお話ですね!(^^)!

泣ける話に飛びついてしまう私
るる様にこっそりあらすじを聞いてしまおうかなぁ
ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
るる
2007年08月29日 15:17
ゆの様☆こんにちは

これは本当にお薦めします。
どれもいいです。
多分作家さんが上手なんだと思います。
今3冊目を読んでます。
悲しいことに3冊しか無いのですが
これがまたキュンとしてたまりません(笑)

この記事へのトラックバック