「愛しい分だけ切ないから」第13話

※このお話はオリジナルBL小説です。


翌朝、身支度を調えて鏡の前でネクタイを首にかけると

『せんせーのネクタイは俺がしめるから、学校に来るときも自分でしないで、
俺にしめさせてくれない?』
と言った疾風の言葉を思い出した。

従うわけではないが、昨日の疾風の行動が気にかかる。
ネクタイをカバンに詰め込んで、早々にマンションの部屋を出た。

学校に着くとそのまま疾風が言っていた道場まで来て
外からそっと中を覗いてみた。
そこにはどうやら疾風一人しかいないみたいだった。

面はつけずに胴衣に袴姿で竹刀を振る疾風の姿は
昨日の陽気な彼とは少し違い、凛々しく一生懸命で美しかった。

男に美しいという表現はおかしいかもしれないが
真剣に何かに打ち込む男の顔は美しいと藤井は思う。
思わず声をかけるのを忘れ彼の動きを目で追っていた。

ふとした瞬間に疾風は入り口付近に立っている藤井を見つけた。
その瞬間今までの真剣な面差しから柔らかな表情へと変わっていく。

その視線に一瞬とまどうように藤井は視線を逸らした。
「せんせーおはよう」
今まで剣道のかけ声とは違うもっと優しいが良く通る声で挨拶して
疾風は藤井の方に向かって歩いてきた。

「おはよう」

「ネクタイどこ?カバン?」

いきなり持っていたカバンを取り上げられてネクタイを取り出した疾風は
うれしそうに藤井の首にかけた。

「な・・」
「ほら、せんせー」
そのままぐっと引き寄せられて唇が塞がれる。

スルリと疾風の舌が唇の隙間を通り抜け、
藤井の口の上顎や歯の裏まで舐められる
思っていたよりも濃厚なキスにここが
学校の道場だということさえ忘れそうになる。

きつく吸い上げてから惜しむように藤井の唇を離れた疾風は
そのままネクタイを結び始める。
きれいに形を整え終わるともう一度だけチュッと
軽い羽のようなキスをした。

まるで熱に浮かされてしまったように
呆然と立ちつくしていた藤井に
疾風は無言で微笑んでみせた。
言葉を発してしまったら何もかも壊れてしまいそうで
藤井は黙って道場を後にした。

疾風も黙って藤井が出て行くのを見送っていたが
姿が見えなくなるとまた竹刀を振り始めた。


朝の出来事はまるで夢のようで
現実とは思えなかった。

教室では疾風はごく普通に皆接していた。
藤井も何かと忙しく教師という仕事に追われていた。

放課後ふと窓を見ると今日はもう疾風が校門の方へ
岡本秀や他の剣道部の生徒達と歩いている。

なんとなく淋しいような、ホッとしたような
複雑な思いにとらわれながら片付けて立ち上がった。

「あ、藤井先生、今日軽く新人歓迎会やるんですけど
ぜひ出席をお願いします」

そういえば今朝そんな話を聞いた気がする。
朝の一件でボーとしていたせいで忘れていた。
特に用事があるわけでもないし出席することにした。

<つづく>

前回のお話はこちらです

第12話へ

☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆:;;;:☆

小説がすごくご無沙汰です。
ずっと書いてなかったので
すっかりストーリーを忘れてしまいました。

でもお話は書きためてあったので
あと何回かは持ちそうです(笑)

早くアップすればいいのに
出し惜しみしているわけではないんですけど

お絵かきしたいので
この頃オリジナルよりも
リボキャラにやられちゃって
もうダメ

これからおえかきしよvv



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月28日 02:54
こんばんは、るるさん!!
小説のアップ、お疲れ様です!!

相変わらずな疾風君ですが、やっぱり真剣な姿はカッコイイんですねw
彩てんてーも惚れちゃったのかっ!?ヽ(´∀`*)
確かに、胴衣に袴って凄く萌える・・・いや、内からカッコよさが滲み出る衣装ですもんね

それにしても、凄く気になる終わりかただ!!
お絵描き楽しんでください♪

あ、それと、るるさんのサイトの「氷帝バトン」を見ていたら激しく萌えたので、バトン貰っていきます!!
絵ェカッコよすぎですよ~!!
2007年09月29日 00:22
ひさびの彩&疾風くんですね♪
カッコいいの描きたくなった!!!
2007年09月29日 01:06
華莉夢様☆こんばんわ

そうなんです。
疾風はヘタレ藤井せんせーと違って
格好いいんです。
しかも胴着に袴姿&真剣な顔は
もう彩せんせーじゃなくても見とれちゃいます。・・・ノハズ(笑)

氷帝バトン?
あれいいですよ。萌えます
いきなり全く知らない方のサイトから
強奪してきました(笑)
2007年09月29日 01:08
れいレイ様☆
わぁ~い!!
描いて描いて~!!って
催促してみると
きっとれいレイ様私より萌える
疾風を描いてくれるんですよね~vv
2007年09月29日 07:35
るる様☆こんにちは

彩先生、疾風クン登場に感激ですぅ~(o^-^)b
秀クンもいますね!(^^)!

>面はつけずに胴衣に袴姿で竹刀を振る疾風の姿
>真剣に何かに打ち込む男の顔は美しいと藤井は思う。

彩先生に共感します
男の人の真剣な表情・・・素敵ですよね
この時のカッコイイ疾風クンの姿が目に浮かびます
ゆっくりと二人の関係が深まっていく感じ、時間が良いです(#^.^#)
2007年09月29日 12:10
ゆの様☆こんにちは

おお、疾風の手にかかってしまいましたね。
藤井せんせーも疾風の策にひっかかてしまったのです(笑)
ゆのさんも描いてみる?
2007年09月29日 16:33
るる様、こんにちゎ☆

大好きな2人が出てきてルンルンの凛子です♪
彩チャンってば、疾風のペースに惹き込まれ
どんどん堕ちて行ってますね☆
そんな先生が、疾風は可愛いのよね!!!!!
それにしても疾風は本当にカッコイイゎ♪
心は素直だから、心を移す剣道の姿は
凄く美しく輝いているんだろうなぁ~。

2人の続き&レイチャマとゆの様のイラスト!?を
楽しみにしています!!!!!!!!
るる様のリボキャラ絵も待ってるわよっ☆
2007年09月29日 23:02
凛子様☆こんばんは

今日のリボーン、獄ツナ萌え(?)でしたね。
骸登場まで引っ張りますなぁ~(笑)

おお、ここにも疾風彩カプのファンが。。
剣道は心を移すとは流石のコメント、
でも、そうしたら疾風の下心が移っていたら
どうしよう(汗)
とりあえず彩ちゃんにはわからなかったみたいですね(笑)
はい、2人は本当に描いてくれるの?
でしょうか?

この記事へのトラックバック