「愛しい分だけ切ないから」第12話

「せんせー」
疾風の息がかかるほど間近にあった。
「よ、よせ・・」
ところが疾風はプッと吹き出して鏡だらけの壁を見ながら
「せんせーってかわいい」

年下の生徒にからかわれたみたいで少しムッとした藤井は
疾風から顔を背けた。
しかし、ここは鏡貼りでどこを向いてもその顔が見えてしまう。
疾風はやけにうれしそうに、そんな藤井の手以外は触れることなく
ただただ鏡に写る藤井の姿を見ていた。
ピンポーンという電子音が鳴って
エレベーターが止まり扉が開いた。

そこは最上階であり、普通のマンションならここで通路なのだが
なぜかここはいきなりドアが目の前にある。

つまりこのフロア全てが藤井の部屋ということになる。
「えっ、マジ?!」
イけてない昔のヤンキーのような口調で疾風が言うので
今度は藤井が吹き出した。
ドアと言うよりも扉といった方がふさわしいような大きなドアの鍵を藤井が開けると
そこからは風に漂っていい匂いがしてきた。

「ようこそ、疾風。ちょっと不本意ではあるけれど、
君が僕の担任を受け持つクラスの第一号の来客だよ」
先ほどまでおどおどしていたような藤井ではなく
いつの間にか一国の主のような顔で部屋へと促す彼に
疾風は初めて彼が自分よりも年上で、先生なのだと意識した。

藤井に促されるまま疾風は部屋へと入っていくと
そこはオールフラットの室内で靴は脱がない。
疾風が生きてきた16年間で初めて見る部屋だった。
ホテルでもこんなに広々とした空間は見たことがない。
「せんせーってどこかの国の王子様とかだったりするの?」
「はぁ?!」
疾風のすっとんきょな質問に笑いながら藤井はいつものペースで
自分の寝室へとたどり着くと、ネクタイを外して鞄と一緒にベッドの上に置いた。

そのまま今度はキッチンへ行き、慣れた動作でグラスを2つ出して
冷蔵庫から取り出したガラス瓶の飲み物を注いた。
そのグラスを両手に持って居間に戻るとガラスのテーブルにグラスを置いて
疾風の向かい側のソファに座った。

自分で持ってきた琥珀色の飲み物を口に含んでから
「さぁ」
と口を開くまで疾風は藤井の一挙一動に目が離せなかった。
「どうしたの?」
藤井は不思議そうに疾風を見た。
「い、いえ別に・・・」
なぜか疾風は動揺している

「せんせーオレ帰ります」
疾風はそわそわと立ち上がった
そのまま今入ってきたばかりの玄関の方へと歩き出す。
「どうしたんだ?トイレならそこに」
「あ、いや、オレちょっと・・・」
呼び止める藤井に目を合わせないように疾風は玄関へと向かう
そのままドアに手をかけると
「ごめん、せんせーまた必ず来るから。今日はこれで帰ります。」
そう言うと出て行った。
「どうしたんだ・・あいつ」
疾風が出て行ったドアを見つめながら藤井は呟いた。

(つづく)

前のお話を忘れてしまった方はこちらへ

第11話へ戻る


☆。+゜゜☆。+゜゜☆。+゜゜☆。+゜゜☆。+゜゜☆。+゜゜☆。+゜゜☆。+゜゜☆

久しぶりです。
なかなか前に進まないですね(笑)

もうずっとこのバカップルにぐたぐた続けていってもらおうと
思ってます。
イラストがないとつまらないですね。

次回はアップしたいと思います。

うわぁ~オリジナルには本当に愛が足りないかもしれません。
現在私の愛はごっくんに注がれております

そういえば獄寺くん先日お誕生日でした


画像


イラスト追加しました。
中途半端な下書きみたいな。。。。

な、なんかこの雲雀さん
女みたい(汗)

ジャンプのリボーンが色々と妄想をかき立てて
ゲフ(死!!)


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かなた
2007年09月12日 20:52
るる様☆こんばんは

おぉ、藤井のお家♪
凄いですねぇ~話には聞いていましたがここまでデカイとは!?疾風の動揺が分かるような気がします。
だけど『また来る』て言うところが疾風らしいですね(笑)
2007年09月12日 22:10
るる様☆こんばんは♪

彩先生のセレブっぷりが爽快ですね~!!
もしや石油王??(@_@。
そんなに大きなお家じゃ、流石の疾風も
落ち着かないですよね
琥珀色の飲み物、これがまたお洒落ですぅ
(^_-)-☆
2007年09月12日 22:51
かなた様☆こんばんは

ハハハ、どうせなら
そのくらいの方がいいかなぁ~と
彩ちゃんのボケッぷりは
お育ちが良くてなのですね(笑)
それに比べて疾風は動じないタイプ
帰ったのはどうしてだろう?
ただ単にHシーンの描写が面倒だったので(笑)ウソです。。。
2007年09月12日 22:54
ゆの様☆こんばんは

セレブですね~
あやせんせーとお友達になりたいです(笑)
琥珀色の飲み物って一体なんでしょうね
単なる麦茶なのかもしれません。
でも一体誰が作っているのでしょうね。
メ、メイド?!(笑)
2007年09月13日 01:15
再びこんばんは、るるさん!!

凄い・・・彩てんてーはこんなにお金持ちだったとは・・・
もしや、疾風クンの手が出せるような人ではないのではっ!?
でも疾風クンはガンガンアピールするんでしょうねw(*^u^*)

うちもごっきゅん好きですwREBORN!観て一番最初に気にいったキャラがごっきゅんなんでw
2007年09月13日 08:43
るる姫、ご機嫌麗しゅう御座います☆

それにしても可愛い2人だなぁ~。
疾風の無邪気さに、彩チャンの大人だけど
子供っぽい部分とかが凄くイイですっ!!!!!
でも、本当に凄いセレブだゎ…。
是非ともメイドとして働きたいっ☆(笑)
疾風の謎の行動、気になります。
彼は素直だけど肝心な事を隠したりして
なかなかの曲者!?なので…。

おぉ、ちょっとフェミニンな雲雀さん素敵☆
ゴッキュンのお祝いしてるのかな♪
2007年09月13日 22:51
華莉夢様☆こんばんは

そうなんですよ
すごくお金持ちなんです。
疾風は教え子として彩せんせーは可愛いとは
思っているみたいですが
疾風には彩せんせーの方がかわいいんですね(笑)
ごっきゅん好きですか~?
この頃すごくLOVEなんですよ
どうしよう止まらない(汗)
2007年09月13日 22:56
凛子様☆こんばんわ

あ、どうしましょう?
この後の展開はそんなに深く考えてませんでした。(汗)
彩せんせーの天然なところはセレブだから
なんですね(笑)
嫌みじゃなくて本気でヘタレなセレブです(笑)そういうのもおもしろいと思ったので
メイドですか?どうぞどうぞ
彼はあんまり人使い荒くないので快適かも
しれませんね(笑)
雲雀くんホント女の子みたいですよね(苦笑)

この記事へのトラックバック