「愛しい分だけ切ないから」第17話

※この小説はボーイズラブです。
また、18禁ですのでご注意下さい。






「・・っ・・・あぁぁ・・」
一瞬、頭の中が真っ白になるような
脱力感に足元から崩れ落ちた。
疾風は藤井のはき出した蜜を飲み込んでから
ぺたんと絨毯の上に座り込んだ藤井を抱き上げる。

「あや、これからだよ」
抱き上げられながら、耳元で掠れた声が囁く
その声に反応したかのように藤井の全身は甘いうずきを覚えた。
足元に残っていたズボンと下着を全て疾風にとられて
上はシャツのネクタイを外しただけの情けない格好で
疾風に支えられて立ち上がると
疾風の唇が首筋に触れた。
藤井はいちいち体が疾風に反応してしまうことが
すごく恥ずかしく思えてわざと顔を背けると
隣の疾風はクスッと笑ったが
何も言わなかった。
藤井はそっと盗み見た疾風の顔があまりに近くてドキドキした。
また触れられている肩や腰のあたりから甘いしびれが広がっていく。

疾風はそのまま藤井の寝室まで来ると
ベッドの上に優しく藤井を座らせた。
藤井は立ち上がる疾風の顔を酔ったように見上げている。
まだ先程の余韻で体中が熱っている

「あや、そんなに誘うと責任もてないから・・」
疾風は潤んだ瞳で見つめる藤井の頬に手をあてる。
(だってお前が悪いんだからな・・)
「くっ・・!」
藤井は疾風に目で訴えると疾風は今までの優しさとは正反対に
藤井を掻き抱いた。
その反動で藤井はベッドに倒された。
疾風は乱暴に藤井のシャツをボタンのまま開く
いくつかのボタンが勢いよく飛んで行った。

「あっ・・」
いきなり素肌に触れる空気に思わず声が漏れる
まとうものを無くした素肌に疾風の温かい吐息がかかっただけで
はしたなく胸の飾りが尖ってしまうと
藤井はたまらなくなって顔をベッドへと伏せる
疾風はその尖りに舌で触れた。
何とももどかしいうずきが下肢を支配し始めて
達したばかりのはずの藤井の中心はまた熱を持ちはじめた。
「・・ん・・うっ・・」
「あ、や・・だめだよ」
疾風は伏せる藤井の顔に手を添えると自分の顔を寄せる
「好きだよ」
呟きながら唇を塞がれた。

年下でありながら男らしく力強い瞳の中に吸い込まれるように
瞳を閉じると疾風の指先が突起を摘む。
「・・・ふっ・・ぁ・・」
藤井の塞がれた唇から声が漏れると
一層疾風は強く摘んで乱暴にこねる。
唇を強く吸われながら更に体中の体温が上昇した。
疾風の唇が耳元へゆっくりと移動し耳を舐められると
首筋から背中にかけて体が疼く
耳から首筋へと疾風の舌は移動をしていく。
その間中両手は両方の乳首をさんざん弄って
藤井の胸は腫れたように赤くなって尖っている。
疾風の唇がようやくそこに到着すると
「せんせー・・いやらしいね・・ほら」
と口に含んだ。
「ほら」
「あっ・・やっ・・」
今まできつくいたぶられた尖りを今度は柔らかく
含まれていると藤井の中心は熱を上げる。

その状態に気づいたのか疾風の指先が先端から溢れる蜜に触れると
「あ~あ、せんせーだめじゃない。そんなにいいの?ここ」
と胸の突起を思いっきり吸い上げる。
「ああっ!!」
藤井は胸に伝わる快感に疾風の頭を乱した。
疾風の手は相変わらず藤井の雄に軽く触れるだけで一向に
強く攻めてはくれない。
藤井はもどかしさに腰が揺れる。
「だめ、彩はそんなにはしたないことはしちゃだめだよ。それとも何?俺に言いたいことでもあるの?」
藤井はやたらと余裕を見せる疾風が憎らしいとさえ思った。


<つづく>

☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆。゜゜☆


こんにちはやっと続きができたと思ったら
いきなりこんなことになりました(汗)

おまけにエロシーンが長い!!!!!!!!!!

まだまだ続くんですよぉ~
なにこのエロエロな小説は~!!
こんなつもりはなかったのですが。。。。

ところでこんな私に素敵なお返しイラストが届きました。


画像


凛子さんに誕生日プレゼントのイラスト&SSを
送ったらお返しにこんなに素敵なプレゼントをいただいてしまいましたvv

ラブリー雲雀&ごっきゅんに昇天ー☆

こんなに素敵なお返しを本当にありがとうございました。
すごくすごーく嬉しかったです。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かなた
2007年11月04日 09:51
るる様☆おはようございます

いや・・・これはBLだわ!(笑)
るるさん素敵過ぎます!
まだ続くのよね?(笑)楽しみっ!
しかし・・・
>彩はそんなにはしたないことはしちゃだめだ
疾風のこのセリフは凄いね・・・(爆)
彩ちゃんどうするのかな・・・・そりゃこんなに攻められりゃ腰も揺れるだろーに(汗)
あーあ疾風ってSだね!(笑)
2007年11月04日 09:54
るる様☆おはようございます~♪

日曜の清々しい朝、私はるる様の小説を凝視しながら読破・・・(=⌒ー⌒=)満喫っ
彩先生と疾風が×××・・・( ̄□ ̄|||濃厚だぁ
長いだなんて、るる様どしどし続けてください~(≧w≦)b
これからも素敵な二人の愛を熱く語ってくださいね(^_-)-☆
凛子様からラブリー~雲雀&ごっきゅんが届いたのですね 雲雀クン人形がとってもキュートですぅ♪♪
イイナァ、イイナァ8(^∇^8)(8^∇^)8
2007年11月05日 11:09
かなた様☆こんにちは

いやぁ~かなり恥ずかしい(汗)
書くのは楽しいのですが
載せるのはすごく勇気がいりますね。
皆さん本当にすごいなぁ~と思います。
でも、この程度だしなぁ~
かなたさんはまだまだですよね(笑)
私が書く攻めはなぜか皆Sになってしまいます。それって私がSなの?!(汗)
2007年11月05日 11:12
ゆの様☆こんにちは

濃厚ですね~しかも長い(汗)
まだ耐えられますか?
スミマセン。。ブログでこんなに載せても
いいものかと思いつつ載せてます(苦笑)
だから正体は見られたくなかった(汗)
あまり本当の私を知られていると書きづらい
ですよね(苦笑)

凛子様のイラスト可愛いですよね
雲雀人形私も欲しい!!
これ見て、リバも考えてしまいました(笑)
2007年11月05日 17:09
るるさま★こんにちは。
うわ~。いきなりすごい展開に思わず生唾です。
>おまけにエロシーンが長い!!!!!!!!!!
長いんですね~。うれしいです、どんどんやってください。
それに、るる様ももらったんですね。かわいい!凛子様の、イラスト。
>ラブリー雲雀&ごっきゅんに昇天ー☆
それにしても、こんなかわいいイラストをあっという間に、描けるなんて。。。凛子様、千手観音ハンドの持ち主?
2007年11月05日 19:14
るる様、こんばんゎ☆

今までの純愛モードから一気にきましたね。
流石はるる様、是非ともガツガツ続きを…。
疾風の身体も心もSチックな感じが好きです!!!!
彩チャンってば為すがままね、押され捲くり☆

イラスト掲載有難う御座います!!!!!!!!!!
急いで描いたので汚いけど堪忍…orz
ツンデレなゴッキュンが描きたかったのに~。
でも、喜んでもらえて嬉しいです☆
2007年11月06日 16:46
poppy-23様☆こんにちは

どんどんやっちゃっていいですか?
それじゃあ遠慮無く続きますよぉ~
今まで寸止めだったので
今回は最後まで行くつもりです(笑)

凛子さん本当に
早くてすばらしい。
いつもいつもツボのイラストに
感謝感激です~!!!
でも目の前で描いているのを見ているので
彼女にはすばらしい才能があるんですよvv
2007年11月06日 16:49
凛子様☆こんにちは

ここにもS好きのお方が。。。
いいですかぁ~
彩ちゃん壊れちゃうかも・・
嘘です(汗)
疾風は彩命なのでそんな無謀はしませんけど
言葉で嬲るくらいはするでしょうね(笑)

イラスト素敵ですよ~
本当にスラスラと描ける
凛子サンの才能が羨ましい限りです。
本当にありがとうございます。
2007年11月08日 08:18
おはよ☆るる様♪

始まりました(もう既に・・・)ね、うふふ♪♪♪今後も楽しみにしています♪♪♪
恥ずかしい??何をおっしゃる。
類友じゃありませんか☆☆☆

凛子様☆からの贈り物本当に可愛いですね♪♪♪
2007年11月08日 18:32
れいレイ様☆こんばんは

そうでした。
いいですねこのくらい。。。
まだまだ続きますけど
取り扱いにはご注意を(笑)
ま~今のところ道具とか登場していないので
それほどでもないですね。
はい、凛子さんは本当に素早く可愛いキャラを
描かれるので、尊敬してますvv

この記事へのトラックバック