「愛しい分だけ切ないから」第18話

※注意!かなりハードになってきました。
 18禁ボーイズラブです。ご注意ください。


前回のお話はこちら

画像




しかし潤んだ瞳で訴えると
「口で言わないとだめだよ」
と意地悪く藤井の蜜をたらして止まない雄をやんわりと弄びながら囁く
「・・やぁ・・もっと・・」
「もっとどうするの?」
頭ではまんまと疾風のペースにはめられたとわかっていても
体の疼きは止まらない。
藤井は唇を噛みしめると
疾風はまた胸の突起をひねり上げる。
「あうっ・・・くっ・・」
藤井は痛みを伴う体中のしびれを止めることができない
更に疾風の唇は藤井の中心へとたどり着き
容赦なく先端だけを軽く舐める。

「やめっ・・あ・・」

藤井はもどかしさがこんなにも苦痛だとは思わなかった。
快楽という名の拷問に追い詰められていくが
疾風はそれを楽しむように藤井に言葉を求めている。
「あや、早く」
疾風の手が尻を撫でる
藤井は追い詰められつつ、その行為に少しだけ恐怖を覚えた。
だが、更に袋にその手が伸ばされると
体中が震えるほど中心を強く扱ってほしくてたまらなくなっていた。
「はや・・て・・」
「なに?せんせー」
「・・や・く・・・・して」
藤井の消え入りそうな声に疾風は藤井の雄の裏側をペロリと舐めながら
「ろうするか・・ひこえはい」(どうするかきこえない)
と言う
「もっと強く・・し・・て」
やっとのことで藤井が言葉にすると

「なにをつよくするの?」

などととぼけた返事が返ってきた。
藤井は顔から火が出そうなほど熱くなったが
体の疼きには変えられない。
藤井の中心を舐める疾風の唇に触れながら
「ここ・・もっと・・よく・・して」

「お願い疾風、あやの大事なところをもっと気持ち良くしてください」

(・・・・恥)

疾風は藤井の顔を見つめるが藤井は首を横に振る。
「そん・・な・・」
「早くしないと、そのまま挿れちゃうよ」
疾風の脅しが藤井を追い詰めていく。
でも言葉とは裏腹に疾風の両方の手は片方は藤井の中心をやんわりと包み込み
もう片方は胸の尖りを強く捻る。
藤井はその追い上げから逃げたくて体をずらすが
藤井の寝室のベッドはキングサイズでどこまでも広いうえ、
疾風はずれる藤井を時折捕まえては引っ張ってもとに戻していた。

「あ・・や・・早く言って」
いよいよ追い詰められると疾風は藤井にせがむ
「おねが・・いぃ・・あ・・やて・・あ」
藤井はそこまでで一度口を閉じる
「まだだめ」
疾風はまだ許してはくれない
「・・・ゃのだい・・じなと・・ころ・・気持ちよく・・し・・ださい」
「仕方ない。今日はそれでいいや」
疾風の顔がうれしそうに近づいてきた。
そのままもう一度唇を塞ぐと同時に、藤井の雄に疾風の手が絡みついた。
そのままこすられる。
「・・ぐっ・・ふぅ・・」
快楽の声が疾風の唇で塞がれて苦しい。
藤井は疾風に殺されるのではないかとさえ思ってしまう。
でも、口の中を乱暴に疾風の舌が動き回り、雄を強く扱かれると
今にも弾けてしまいそうだった。
「・・ああ、はやて・・・・くっ」
「いいよ、あや・・俺の名を呼んで」
「ああっ・・はや・・てぇ~!!」
追い詰められてどくどくと白濁をはき出す雄を
疾風に見つめられて
恥ずかしさに顔を隠した。
その手をどけながら疾風は
「あや、大好き」
と言いながらいきなりベッドから降りていった。
藤井は呆然と天井を見つめていたが
疾風は間もなくどこからかバスタオルとオイルを持って戻ってくると
藤井の体をバスタオルで丁寧に拭ってから
藤井を俯せにすると尻のあたりに冷たいものを垂らした。
そのまま触れられて藤井はビクッとした。
「なっ!」
「やだなぁ、せんせー俺も気持ちよくして」
疾風はまだ熱に浮かされたような顔で振り向いた藤井に
軽く口づける。


<つづく>

☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆

(汗)まだ続く見たいです

自分でもなんて長いエロ場面

気分の悪くなる方は読まないでくださいね。
ってここまで来たら全部読んだのね

ノーマルなのかSかなのか自分でもわかりません(苦笑)
一体この場面はいつ終わるのか。。。。

延々とこのシーンが続いたら
きっと呆れちゃいますよね

いえ、そんなことはありえませんが
展開に行き詰まるとこのまま続く可能性が(汗)

し、失礼しました


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

観尽
2007年11月19日 21:48
るる様、エロエロになってきましたね!
いやいや、これを求めていましたよ!
疾風は間違いなくSです!彩ちゃんは・・・
戸惑いながらもついて行ってる感じ?
さ~この先もっとエロいシーンが展開するのですか~?ぐふっ。次は疾風が気持ち様なる番ですよね!ニヤニヤして待ってま~す★
2007年11月19日 23:17
観尽様☆こんばんは

呆れちゃいますよね~
何か長いんですよ(汗)
会社で仕事中何してるんだろう(笑)
やっぱり疾風はSでしたか
作者が鬼畜攻めだからきっと攻めはみんなSですね(笑)
はい、次回にはエロ簡潔にしたいです。
2007年11月20日 06:29
るる様☆おはようございます♪

彩先生・・・疾風に淫らにすがってしまいましたね
(=⌒ー⌒=)ニヤッ
この後もじっくり二人の愛を語ってくださいね!!!!今度は疾風の番ですか(o^-^)b
彩ちゃんどうなっちゃうんでしょう・・・フフ
続き待ってます!(^^)!
2007年11月20日 10:10
ゆの様☆おはようございます

お目汚しで失礼いたしました。
ストーリーが全く進まないまま
こんなことになっています。
アホです(笑)
もっとちゃんと進めていくよう努力します。

この記事へのトラックバック