「愛しい分だけ切ないから」第19話

※このお話はフィクションです。実在する人物・団体などとは一切関係ありません。

※また、ボーイズラブで18禁です。予め大丈夫な方のみ下へ進んでください。





先程垂らした液体を双丘の狭間に滑らせた。
そのままぐいと両足を持って両方に開く
「・・あ・・やぁ・・」
誰にも見られたこともないような場所があらわになり
足に力を入れるが疾風は素早く足の間に入り込んで顔を寄せた。
「やめろ・・そ・・んな・・」
「何言って・・あや・俺をここで受け入れてくれるんでしょ」
疾風は言いながら蕾へと指先を伸ばしてやわやわと突いた。
「あん・・」
おもわず漏れる声に疾風は満足したように
指先を入れ始めた。
「くっ・・・・」
藤井はせめて声だけは押し殺そうと口を自分の手で塞いだ。
「あ~あやのここきれいだね」
藤井は言うなと思ったが口を塞いで、抵抗の言葉も出ない。

「もう、オレの指を第二関節まで飲み込んだよ」

違和感でしかないと思いつつ藤井はフルフルと首を振った。
「やめっ!」
違和感を感じて腰を揺らすと疾風は蕾に入れた指先をクリクリと回した。
その瞬間に藤井の体中に何とも言えない甘い感覚が広がる。
「ここ、いいんでしょ」
耳朶を甘く噛みながら疾風が囁く
それだけで藤井の中心はまた熱を持ち始めた。

「ちが・・う・・」

「違わないよ。だってほら」

疾風の指先が藤井の中心をやんわりと包み込んだ
(もう、解放されたい・・・このどうしようもなく甘い感覚から逃げ出したい)
藤井の頭の中ではそんなことを考えていたが、段々と
尻に入れられてくにゅくにゅと蠢く疾風の指のせいで何も考えられなくなっていく
そんな自分もとても怖かった。

「あ・・うっ・・・ふくぅ・・」
「せんせーいいよ。すごくいい顔だよ」
疾風は藤井に刺激を与えながらギリギリのところで力を加減して
また先ほどのように我慢を強いていたが、やがて後ろから一気に指を抜いた。

「あっ」

物足りなさに思わず声を出した藤井だが
次の瞬間に全く違う質量のものが蕾の入り口を塞いだ
「やぁっ!!」
「せんせー、ちょっと我慢して」
「やっ!許して!!」
「えっ?大丈夫だよ怖くない」
優しい疾風のつぶやきにいきなり藤井は涙を流した

「兄さん・・ごめん・・もう、許して」

「せんせー何言ってるの?」

突然疾風に兄さんなどと言い出した藤井に疾風は少し動揺したものの
そのまま藤井を抱きかかえるように体を進めてきた。

「いやぁ~!!兄さんやめて~!!」
「違うよ彩・・・オレだよ疾風だよ。しっかりして」
「お願い助けて・・・やめて」
「ごめん、今はやめられない。そして彩のその言葉でもっとやめられなくなったよ」
疾風は奥まで体を進めると軽く腰を動かした
「あぁぁっ~うっ・・・はんっ・・」
「あや、愛してるから・・もう過去は忘れてオレのことだけ考えて」
人形のように涙目を見開いた藤井の目尻に優しく口づけながら疾風は腰を動かした。

「あや、もっと感じて・・気持ちよくなれ」
疾風の声が掠れて呟きながら藤井の中心を扱く手を早めていく
藤井も段々と息づかいが荒くなっていった。
ふと頬に柔らかく温かい感触にやっとそこにいるのが疾風だと彩は気づいた。

「はや・・て・・く・・」
「なに?あや」
「もう、いく・・」
やっと彩に疾風を認めてもらい、疾風は優しく微笑むと
「オレも」
と短く言いながら大きく腰をひき奥まで藤井を突き上げた。
「ああぁぁっ~!!」
長く尾を引くような悲鳴でお互いは達した。
藤井の意識はそこで途絶えた。

<つづく>
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆

やっとHシーンが終わりました~

長かった。
それに少しだけ展開が

さぁて、これからどうしようかな?

鬼畜攻作者の腕の見せ所ですね(汗)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月30日 21:11
こんばんは、るる様v

はうあっ!!!
す・ご・いですvvv
こうして文章に行為を書ける方って
スゴイと思います!
見習いたいなぁ…。
思わずじーーーっくり読んでしまいましたv
2007年12月01日 01:15
るる様、こんばんゎ☆

最高な濃厚シーンを有難うですっ!!!!!!!
彩チャンの過去の影が見えてきた!?
それでムキになる疾風のS心も素敵すぎ。
でも、兄さんの存在が2人にどんな
影響を及ぼすのか気になる…。

本当に素敵で濃い文章の流れで
流石の一言でしたっ!!!!!!!!!
ゴチソウサマでぇ~す。
2007年12月01日 15:04
るる様☆こんにちは♪

(≧w≦)b 疾風と彩先生
いたしてしまったのですね~!!!!!
ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ 二人熱くてトロトロですぅ
しかも新たな人物登場とは・・・(@_@。
これからの展開が気になります!(^^)!
2007年12月02日 00:41
隣様☆こんばんは
おお、読んでくださったのですね(汗)
すごく恥ずかしい。
ありがとうございます。
いえ、こんなシーンばっかりではないので。。。(汗)
2007年12月02日 00:45
凛子様☆

Sなんです(苦笑)多分、自分が(汗)
だから多分私が書く攻はみんななぜかSばかり
改めて変態(滝汗)
そうです長ーいHシーンもやっと展開の
兆しが見えて
良かったです。
2007年12月02日 00:47
ゆの様☆
もう、3回に渡って・・・
長~いHシーンでしたね~
ホント呆れてしまいます(汗)
やっと次の展開に移れる糸口を発見しました。
零黎
2007年12月03日 10:31
こんにちわ☆るる様♪

お♪進展ですね!!
長いHシーンもご苦労様でした♪♪♪
何かいわくありげだった彩ちゃんの秘密が明かされていくのね♪楽しみです♪♪♪
頑張ってください♪♪♪
2007年12月03日 11:49
零黎様☆こんにちは
長いH文を読んでくださって
本当に感謝ですvv
はい、お待たせいたしました。
これから少しだけ展開していく予定です。
頑張りますvv

この記事へのトラックバック