「愛しい分だけ切ないから」第23話

コーヒーの香ばしい香りで目が覚めた。

疾風は一体いつの間に起きたのだろう
昨日泣きながら眠ったせいで
瞼が腫れぼったい気がした。
窓から差し込んでくる光が白く感じられる

「あれ、起きたんだ」
疾風が気づいてベッドの側に近づいて来た。

高校生なのにやけにこういう行為に慣れている感じが憎らしい。
わざと疾風に背を向けるようにベッドで寝返りをうつと
「あや」
と穏やかな声が耳元で聞こえた。
(反則だ)
降参して疾風の首に両腕を巻き付けると
疾風は藤井を抱き起こす。
その行動全てがなぜか悔しいので
藤井は彼とはわざと目を合わせないで
窓を見つめる

「せんせー、俺午後から部活あるんだ。だから一緒に飯食ったら
ここを出ないといけなくて・・・その・・・」
藤井はそこまで聞いて、疾風が何を言いたいのかがわかっていた。
「昨日のことは忘れてくれ。今まで誰にも話したことがなかったけど
お前に話したらなぜかすっきりした。もう大丈夫だから」
すると疾風の腕に力がこもったのがわかった。

「俺は忘れない。彩のことが好きだから、忘れたりしない。
そして彩の痛みを俺が和らげるんだ。せんせーそんな冷たいこと言うなよ」
正直、疾風のその言葉はとてもうれしかった。
でも藤井は疾風の腕をほどいた。
「さあ、食事にしよう。早くしないと部活に遅れる」
疾風は立ち上がろうとする藤井の腕を掴んだ。
「せんせー、昨日俺が言ったことも本当だから。」
「ありがとう、感謝しているよ」
そう言う藤井の顔は晴れやかではなかった。
決して疾風を疑っているわけでもないし、自分が話してしまったことを後悔したわけでもない。
藤井は立ち上がって寝室を後にすると
疾風は黙ってその背中を見送った。
疾風は彩が昨日自分に話してしまったことで動揺しているのだと
自分なりの解釈をしたようだった。
「しばらくそっとしておいてやるか・・・」
独り言を言うと疾風もダイニングへと向かった。


<つづく>
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆゜゜゜☆


いやぁ~会社に来ると
小説が進みますね~

ってなにやっているのやら(笑)

というわけで
いよいよ次回はかおり姉様の登場です。

お楽しみにvv

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月08日 11:16
もう、疾風くんは、
なんてかっこいい子なんでしょう!
いい男だなぁ~

最後のところに、なんだか含みが・・・
あれ? どうなるの??
そして、いよいよ、次回、登場!? ドキドキ
2008年01月08日 14:46
かおり様☆こんにちは

疾風格好良すぎですね。
なんでこうなっちゃうのかしら?
年下へたれ攻め好きなのに。。。
彩がヘタレ受だから攻めがこうなるんですね。
含みねぇ~このままスムーズだと
話として面白くないのかなぁ~と思ったので(笑)
はい、次回はかおりさんの登場ですよvv
2008年01月08日 18:35
るる様☆

二人はとっても爽やかな目覚めを迎えたのですね・・・(#^.^#)ヨカッタ
!(^^)!かおりお姉さまの登場が楽しみデス~!!!
2008年01月09日 01:37
るる様☆こんばんは~!
きゃ!るるさん、ヅラコがヅラコが!
なでなでしてたら「poppy-23がきた1」って、言ってくれました.....((((*^o^)ノノわ~い、うれしいな。おまけに、お部屋がキュートな和室の雪景色。いいなあ、うちのハーバートもお部屋変えてあげなくっちゃ。
>高校生なのにやけにこういう行為に慣れて
>いる感じが憎らしい。
う~~ん。本当ですね。第一、生徒でありながら、教師にこう言うことしてること自体が…
はははは。生徒と教師って、けっこう生徒がせ攻めって言うのも多いですよね~。
教師にためらいがあるせいでしょうか~。
疾風カッコいいんじゃない~。って、思ってたら、るるさん。
>年下へたれ攻め好きなのに。。。
そうですよね。ヘタレ好きでしたよね。
2008年01月09日 09:00
ゆの様☆おはようございます

目覚めは爽やかでしたが
彩は素直じゃなくて・・・
せっかく疾風がいい子だから甘えて
るんですね~
はい、かおり姉様の登場を楽しみにしてください。
2008年01月09日 09:04
poppy-23様☆おはようございます

おお、名前を呼びましたか?
おめでとうございます。
私も他の方のところで
たまに「るるが来た」と言われる
ことがあるとすごくうれしいので
お気持ちよくわかります。
凄いですよね~
そういえば先生と生徒の本って読んだこと無かったかも・・・
確かに生徒攻めが多そうですね。
でも疾風は既にヘタレじゃなくなっちゃいました。受けがヘタレなので成り立たないですよね(笑)
観尽
2008年01月09日 09:48
るる様☆おはようございます

疾風、もうなんだか大人の風格ありですよね!
かっこ良過ぎるぅぅぅ~~~!
うーん、でも何故かこれでハッピーエンドな雰囲気じゃないのはどうしてでしょう?
気になりますね~続きはかおり姉様がご登場との事、楽しみだわ~♪
2008年01月09日 14:47
観尽様☆こんにちは

まるで行き当たりばったりで
プロットも何もないストーリーです
だからここから先にどうなるかは漠然としか
ありません。
なるべくハッピーエンドにしたいとは思っています(笑)
かおりさん登場は楽しみにしていてくださいね。
凛子
2008年01月10日 09:59
るる様、こんにちゎ☆

疾風ってば、カッコイイです(。>ω<)!!!!!!!!
好きな相手の為だからって、そんな高校生
反則ですよぉ~☆(鼻血)
彩チャンの辛い過去を受け入れて
それでいて優位に立って助けようとして
こんな子に巡りあいたかった…。

でも、これで終わらないのがるるマジック☆
次回の展開が気になって仕方ないです。
そして、かおり姉様も登場で
ますます目が離せませんね、クフフフフッ♪
2008年01月10日 20:56
凛子様☆こんばんは

なんでだろう自分が書く攻めは
なぜか非現実的なくらい格好良すぎですね(汗)もっと現実的な人書かないと
と思いながら、とことんいっちゃってます(笑)私も巡り会いたいです。
そうですねまだこの話を引っ張るつもりです。

この記事へのトラックバック