「愛しい分だけ切ないから」第27話

“帰りにまた寄る”

という疾風からのメールを受けとっていた藤井は
もうとっくに来てもいいはずなのに姿をみせない疾風を心配していた。

「どっかに食事でも行ったのかな。それとも、呆れてもう・・・」

そう呟くと窓のところに立って外を眺める。

マンションまで続く道には人影すら見えない。

そのまま空を見上げて月を見ると
折れそうに細い三日月はそれでも辺りを明るく照らしていた。

「あんなに細いのに・・・」

彩は両腕で自分の体を抱え込むように座り込み月を見上げる
今まで誰にも言えずにしまい込んでいた傷を
疾風にさらけ出してみたけれど
それで疾風がどう思ったかという不安は一層深くなった。

もちろん彼は
「もっと俺を溺れるくらい好きになれ」
などと優しい言葉で包み込んでくれた。

けど、疾風がいなくなった時の不安は拭いきれない。

もう2度とここには来ないのではないだろうか?と思ってしまう。
早くここに来て安心させて欲しい。

しかしすぐに彩はクスッと小さく笑った。
そして月に向かって問いかけた。

「あなたは全て見ていて知っているんですね。それなら答えて欲しい。
本当にそれでいいんですか?」

自分では心地良いところにいられればそれに越したことはない。

でも、それでは疾風に悪い様な気がしてならない。

罪悪感を持ちながら、もう一度道路に視線を落とすと
携帯電話の着信音が鳴った。

疾風からだと思って素早く携帯電話を取り出すと
電話に出る。

「先生ですか?」

「・・・」(違う、誰?)

「僕ですよ。嫌だなぁ~先生の濃厚なキスの味は忘れませんよ」

赴任したばかりのあの日、生徒会室に行ったときに
無理矢理キスをされたことを思い出した。

「・・・北条?」

「やっと思い出してくれてうれしいですよ。あ、こんなことばかり言ったら
ここにいる人に叱られますからやめておきます」

「誰がいるんだ?」
ふと彩の頭を疾風のことがよぎった。

だが、疾風のことはまだ誰にも口外していないので
あえてそのことは口には出さないで尋ねた。

「ああ、先生こっちに来ませんか?先生に会いたいって言う人がいるんです。
もちろん僕もそのひとりなんですけどね。」

冷静だがどこか楽しんでいるような北条翔太の声に彩は嫌な予感がした。

疾風が翔太と一緒に自分をからかっているのだろうか?

そうだとしたら自分はなんという愚かな人間だろう。

だが、身から出たさびなら自ら断ち切るしかないだろう
それにはこの目で確認したい。

そんな思いが彩の不安を染め上げていく。
「わかった。どこへ行けばいい?」




彩は電話を切ると肩に上着を羽織って
外に飛び出した。

色んな不安

翔太といるのは誰か?
どうして呼び出されたのか?
疾風はどうして何も言ってくれないのか?
最初から全て仕組まれていたとしたら・・・
今まで疾風が自分を騙していた?
あれは全部嘘だとしたら・・・

考え出すとなにひとつ良い方向には考えられない。

「バカだオレ・・・」

もう月の明かりなど届かない
彩はとても暗くて深い闇へ向かっている気がした。


<つづく>


よろしければポチッとご協力いただけるとうれしいですvv
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/*/+/


段々やっとクライマックスが近づいてきました。
気づくと長いこのお話(汗)

本編の「キンモクセイの魔法に誘われて」を超えています。

プロットとかろくにないまま
主人公の人格だけの設定で進めていたのに
クライマックスがあって良かった


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月18日 10:01
るる様、再びこんにちゎ(*ゝω・*)ノ

今回は彩チャン目線ですね!!!!!
なんて可愛くてロマンチックな方なのかしら☆
過去があるから踏み切れなかった恋に
今回目覚めてたって感じで
想像以上に惚れてますねぇ~♪
可愛すぎてたまりません!!!!!(ヲィ

しかし悪夢の電話で彩チャン大ピンチ(*゚ロ゚)
翔太くんの性格&魂胆が見えず
LOVEサスペンスのようでドキドキしますっ!!!!!
彩チャン、もっと自信持って!!!!!(笑
今回もドキドキワクワクな素敵SSを
有難う御座いましたっ(*´艸`)
るる
2008年03月18日 13:10
再びでも三度でもありがとうございます。
またたま駄文を読んでくださってうれしい限りでございます。
彩は虐めたくなっちゃうんですよ~
もっとひどい目にあわせたい(苦笑)
作者がドSだと主人公はきっとひどい目に遭うんですね(笑)
翔太ですか~それはまだ言えませんね。
でも本当は良い子なんですけど・・・
(えっ、ホントに?!)←さぁ?(笑)
失礼しました!!!!!m(__)m
2008年03月18日 14:34
るるさま★こんにちは。
いよいよ佳境ですね。なんか危険な香りがするのですが、大丈夫でしょうか?
ドキドキしてくると、続きになるって言うのは、プロの作家さんでも、るるさんでも同じなんですね~~(T0T)。
>クライマックスがあって良かった
良かったんでしょうか~。でも、がんばって。
るる
2008年03月18日 17:13
poppy-23様☆こんにちは

読んでいただいてありがとうございます。
このお話はプロット段階で色々と設定があったんですが、ぐだぐだなラブストーリーから
その流れをどうやって持っていくかすごく悩んだ(?)末にこんな展開になりました(笑)
えっ~!!!!良くないですか?!
でも生憎自分ドSなので、もっと血なまぐさい
展開にしたいなどと考えています。
やっとぐだぐだが抜けたと
思ったら・・・(苦笑)
ゆの
2008年03月18日 22:52
るる様☆こんばんは♪

ジワリジワリとクライマックスへ近づいているのですね!!
翔太の目的は何かしら・・・
でも、彼は根っからの悪ではないような気がするのですが
>作者がドSだと主人公はきっとひどい目に遭うんですね(笑)
それは言えてるかも知れません
(=⌒ー⌒=)ニヤリ
2008年03月19日 08:54
ゆの様☆おはようございます。

アハハハハ・・・BIGLOBEさん大丈夫でしょうか?
バグってますね(笑)
ありがとうございます。
翔太は実はすごく好きなキャラ
幸せにはなれないタイプなんですがね~
好き嫌いははっきりしています。
いい人かどうかは皆様の判断にお任せしますよ。
わかりますか?でも、ゆのさんは決して
Sではないですよね。
2008年03月21日 17:10
作者の意図しない所で、物語が動くって分ります。
いや、経験しました・・・(汗。。。)
キャラが元気よすぎると、思わぬ展開に。。。
頑張ってくださいね♪♪♪
(ああ~~~そろそろアタイもアップしたい。。。)
2008年03月22日 18:32
れいレイ様☆こんばんは

はい、キャラ達がかってに動きだしてくれると
書きやすいですよね(笑)
確かにそうすると思っていた方向から
ずれだしていきますね(汗)
れいレイ様のお話も楽しみにしていますよvv

この記事へのトラックバック