「愛しい分だけ切ないから」第38話

※注意!!このお話はBLです。苦手な方はご遠慮下さい。
 また今回の内容は性描写を含みますので18歳以下の閲覧は禁止します。



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

ブログランキング・にほんブログ村へ





風希を見送った彩に疾風は呟く
恐る恐る彩が振り返ると
飛びかかるように疾風に抱きしめられて顔中にキスされた。

「や、やめろ、疾風」
「だめ、絶対解放しない」

そのまま彩は床に押し倒されてしまった。

「あんなん目の前で見せられて、俺が黙ってるお人好しだと思っているのか。
甘いぜ」

疾風は乱暴に彩の着ていたシャツを開いていく。
暴かれた白い胸が空気に触れて少しひんやりとする。
彩は少し潤んだ瞳で疾風を見上げると
疾風はその首筋に噛みつくように口づけた。

「あっ!」
彩の口から思わず声が漏れた。
首筋から徐々に胸へと舌を這わせていく
胸のピンク色の飾りにたどり着くとそこに思いっきり吸い付いて
バラ色の痕跡を残していく
「あぁぁ・・はやて・・」
彩は疾風の髪を愛おしそうに抱え込むと
疾風もそれに答えるように胸の飾りを歯で甘噛みする。

「・・ん・・」
「せんせー本当にあいつに触れさせなかった?」
どこか疑うような瞳で疾風は彩の顔を見上げると
彩は声が漏れないように自分の指を噛みながら頷いた。

その艶めかしい仕草に疾風は一層かりたて辣れた。
「じゃあ、ここは?」
胸の飾りから離れた舌はそのまま這うようにへその下辺りにとまって
両手でカチャカチャとベルトを外すと簡単にボタンとファスナーをハズして
下着の上から口づける。

「あぅ・・ん・・」
片手は体をさすりながら胸の尖りに戻って人差し指と親指で器用に転がしながら
口は下着の上から吸い付いていやらしくそこにしみをつけた。

「どう?触らせたでしょ」
意地悪く下着の上からそこを咥えて刺激すると
ビクンと反応しながら容量を増していたその部分の先端のあたりからしみをつくる
それを楽しむように舌でクリクリと下着越しに刺激されると
気が遠くなりそうで彩は一層強く指を噛んだ。

しかし乳首を弄っていた手の指を彩の口に持ってきて
彩の手をハズさせる。
「あっ・・」
おもちゃを取り上げられた子供のように自分の離れた指を口がパクパクと探すと
すかさず疾風が自分の指を彩の口に入れる。
口の中に疾風の指が入れられるとその指は彩の舌に触れる。

彩は無意識にチュウチュウとその指をしゃぶり始めた。
「せんせーいやらしいよ」
疾風は目を細めてから一気に彩の下着とズボンを足から取り除いた。
「あ・・ん・・」
いきなり晒された下肢に今更ながら羞恥を覚える。

彩のそこはすっかり形を変えて先端からはトロトロと透明な液体があふれ出ている。
口に含ませたのとは反対の指で先端の割れ目の部分を軽くなぞる。
わざと焦らすような行為に彩は疾風の指を夢中でしゃぶる。
「そんなに欲しいの?」
疾風の口元が嬉しそうに上がって指を引き抜くと
かわりに自分の唇を押し当てて舌を押し込む。

どちらともなく激しい口づけを交わしながら疾風の手がやっと彩の雄を握ってくれると
彩は待ちきれずに腰を揺すってしまった。
「へぇ~本当に淫乱なんだな」
疾風のもう片方の手で彩の双丘の狭間を指でたどる。
「あぁぁ、・・・くっ・・」
彩は口づけながら訴えると
疾風は首を振りながら
「ダメ、もっともっと焦らして、せんせーのもっといやらしい姿をみせてもらうんだから」
と憎らしいくらい余裕たっぷりに答えた。


<つづく>





読了、お疲れ様でした。

久々のこちらでのエロシーンでした。
何かここでエロ書くの恥ずかしい

しかも今回かなりこゆいです
ここから先はもっとハードになっていくので
ダメな方は飛ばして読むことをお薦めします。
いえ、ストーリーには飛ばしても何ら問題はございません。

何かちょっと書きたかっただけだし(笑)

けどマンガより文章の方がエロいですよね~
一見わからないから堂々と読めちゃったりしますけど
読まれる方のとらえ方で体位が変わるとか(笑)
体勢とか攻め方とか表情が変わるんですよ~

や、私のつたない文章能力じゃ意味がわからない方が多いのか。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミツキ
2008年08月08日 14:58
るる様☆こんにちは

ひ、久々に濃いですなぁ(笑)
そそ、文章の方が厭らしいですよね。
その全てを文章で表現すると
細かい描写まで事細かに書く事になって・・・
それによって読むほうは物凄い想像妄想する訳で(笑)
疾風・・ゃらしいゎ・・・(笑)
るる
2008年08月08日 15:27
ミツキ様☆
もう読んじゃったんですか?(照)
そう思いますよね、文章の方が想像力って
ましますよねvv
でもここから先はもっとコユイですよ~
ホント、疾風っていつからこんなに濃い攻めに
なったのかしら(笑)
これ高校生じゃないよね(汗)
china
2008年08月08日 20:09
こんばんは★
わわぁ~、プロの方に慣れっこになっている
為かるるさんの切り込みが新鮮で、私の頭の
中が凄い事になっていますぅ~。
読み手を辱めるなんて、侮れませんね。
彩ちゃんピーンチっっ!!!嫉妬の炎は熱いのよ
若さゆえの暴走って事で・・・。
るる
2008年08月08日 23:39
china様こんばんは
ムフフフフ新鮮といっていただけて
嬉しいですvv
こういうの書きながら色々状況を思い浮かべるんですけど、よく考えると体位が不自然だったりして(笑)だからきっとすごいことになってしまうのかも!!
疾風が既に別人に化してしまいました(苦笑)
2008年08月10日 10:50
こんにちわ☆るる様☆
久々にイイですね♪♪♪
ワタクシ実はそんなに文章を読むほうではなく漫画のほうが多いんですが、るる様☆の文章は読みやすく入りやすいので好きです♪♪♪
エロも良いわ♪♪♪
しばらくこっちでは書いていなかったようなので、楽しみです♪♪♪
ゆの
2008年08月10日 19:28
るる様☆こんばんは

やっと二人辿りつけましたね~
゚+.(*ノェノ)゚+. ヨカッタ・・・あとはゆっくり楽しんでください
さてさて、ゆのさんは単身の風希さんが気になるところです(。-∀-) ニヒ
るる
2008年08月11日 09:21
れいレイさん
ありがとうございます。
そんな、読み安いだなんて、嬉しいお言葉
勿体ないです。
なんか暑いのに暑苦しい場面でスミマセン(汗)まだ、もう少し続きます。
何かこゆいエロですねこれ(苦笑)
ここでは皆さんに正体がばれている分
エロが書きにくいんですよ(汗)
るる
2008年08月11日 09:24
ゆのさんへ

そうそう風希
私も彼のひねくれたキャラが大好きです。
そういえばゆのさんちにお伺いしましたね。
次は彼を主役にしたいなぁ~
ところで新商品の開発はどうですか?
そろそろ風希は買い付けに行けるでしょうか?
凛子
2008年08月11日 16:10
るる様、こんにちゎ(´∀`*)

キャァー、コチラでは久々のエロ全開ですね☆
しかも疾風ったら焦らしや言葉攻めやら
厭らしい子だわ、まったく!!!!!(笑)
るる様の細かい描写や気持ちの
載せ具合が凄く解り易くドキドキが伝わり
本当に素敵です、ゴチでぇ~す。
とにかく彩チャンが幸せでよかった♪
るる
2008年08月11日 17:49
凛子さんへ

本当に疾風ったら、もう・・・(苦笑)
いつからこんな子になってしまったのやら・・・
でもこのままハッピーエンド目指してますよ~
あ~言っちゃった(汗)
ありがとうございました。