「愛しき爪の綾なす濡れごと」読んだ

「愛しき爪の綾なす濡れごと 」鈴木あみ様著 イラスト:樹要様
の遊郭シリーズ最新刊です。
同時にコミック
「愛で痴れぬ夜の純情 傾城編」も出ていました。

ちなみに両方読んだんですけど
コミックの方は小説で読んだものに少しだけ手を
加えた感じでした。
ハードなBLがお好きな方には
遊郭のお話の割には物足りなさを感じるかもしれません。
ロマンス系がお好きだったら
こっちもお薦めです


このシリーズは絵が好きで読み始めて
面白かったので全部読んでいます。

ちなみにCDも2枚あります。
これがまたなかなかお薦めです。
声優さんの喘ぎ声がたまらない


愛しき爪の綾なす濡れごと (白泉社花丸文庫)
白泉社
2008-12-19
鈴木 あみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ここから先は一部ネタバレ含むので
見たくない方は読まないでくださいね。



今回のお話は以前書かれた

「愛で痴れぬ夜の純情」
で主役だった
綺蝶と蜻蛉のお話です。

2人のその後かと思っていたら
どうやらそれとは違って
傾城前のエピソード話とか
2人の心境とかのお話でした。

「愛で痴れぬ~」を読んでなくてもわかるような
ストーリー展開になっていますが
順を追った方がより楽しめると思いました。

所々出てくる禿の名前は
皆知っている名前ばかりで
とても懐かしいというか
シリーズ7作を全て読んだ人へのご褒美的小説でした。

蜻蛉の目線で綺蝶へのやきもちとか
それを知られたくないと思うあまり追い詰められて
いつもわからないように綺蝶が助けてくれる。

と何だか読んでいると
綺蝶みたいにさり気なく助けてくれる彼がいたら
良いのになぁと思ってしまいます

2部構成になっていて
後半の話は遊郭から離れて半年後に
2人で花降楼を訪れるといった設定で
前の話の謎ときをする感じでした。

後半はもうバカップル状態ではありましたが
樹様の短髪になった男らしい綺蝶の姿が
見られただけでも良かったです。

本当に挿絵も表紙も綺麗です。
一度息抜きにどうぞ



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆの
2009年01月16日 20:21
るる様☆こんばんは

るる様に新刊発売を教えて頂いて
即購入して完読しました~
なにか魅かれるものがあってシリーズ全部読んでいます

機会があればドラマCDも聴きたいですぅ~
るる
2009年01月18日 22:05
ゆの様
コメントありがとうございます。
風邪とか冬コミとか色々あって
やっと読めました。
読み始めるとやはり良いですよね~
ゆのさんお好きなシリーズのひとつになって良かったです。
CDもぜひオススメですよ。
綺蝶と蜻蛉の声がぴったりです。
2009年01月19日 13:30
るるさまこんにちは。
これって、小説も出てたんですね。
私はコミックスだけ読みました。
一応、蜻蛉と希蝶のお話は終わってますもんね。
希蝶の詳しいエピソードを肉付けしていたって
感じでしょうか?
でも、私はやっぱり蜻蛉がかわいそうで~。
なんか、希蝶ばっかり、かっこよくって
いいですよね~。蜻蛉は散々な目に遭ってばっかりで
だから、本当は読みたくないんです。
でも、絵がきれいだからつい~~。
るる
2009年01月19日 16:22
poppy-23様
こんにちは
本の方は知りませんでしたか?
そうなんですよ同時発売だったんですね。
確かにエピソードに肉付けといった感じです。
まあ、ちょっとマンネリ感もしますけど・・そこは好きなのでまぁ・・
蜻蛉は可哀相ですね。
でも可愛いから虐めたくなる綺蝶の気持ちも
わかるなぁ(笑)