『接吻両替屋奇譚』と『詩に濡れる唇』『お金がない8巻』

とりあえず先日ご紹介した

『桃花男子』シリーズを書かれた岡野先生の新作です。

やはり4作続くらしいのですが
今からすごく楽しみです。


恋人は悪徳商人!? 接吻両替屋奇譚 (講談社X文庫―ホワイトハート)
講談社
岡野 麻里安

ユーザレビュー:
『火焔魔人』に『十二 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



お話は

八雲泉という高校生の男子のお話です。
学校から家に帰った泉はいきなり家に差し押さえの貼り紙に気づいた。
家に入っていくといるはずの母と妹がいない。
それどころか家具も何も無くなっていた。
一人構えていた謎の美青年。
彼に問い詰めるがらちがあかない。
そこにいきなりやくざが現れて実は母の株の投資失敗と父の仕事の不運で
莫大な借金をつくり家族は逃げ出したらしい。
泉はこのやくざに身売りされそのまま連れ去られてゲイバーに売られた。
泉はここから逃げ出すがその際に足にけがをしてしまう・・・

あああんまり語るとおもしろくないのでここまで
これじゃあ肝心の登場人物がまだ出ていません。

実は玉屋という妖の両替商が登場します。
ここのオーナーというのがイケメン(笑)
という展開です。



この1冊目はまだBL場面はありません。
そういえばこの岡野さんの本は皆そうです。
それでついつい2冊目3冊目と読まされちゃうんですよね~


あともう一冊は対照的なエロBL

久しぶりにコユイの読んだなぁ~と思えた一冊です。
電車の中で思わずページを閉じ気味に読んでしまいました。

だって擬音多すぎです




詩(ソネット)に濡れるくちびる (プラチナ文庫)
プランタン出版
丘群 さえ

ユーザレビュー:
ストイックにエロです ...
とにかくはまった時代 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





お話は、

子爵・千玲と遼太郎は大学で英文学に興味を持ち
2人は熱心に勉学のことを語り合っていた。
千玲の父親も文学に理解があり、学生の面倒をよく見ていた。
遼太郎も千玲の家で世話になっていた。
ところが遼太郎は千玲に突然自分は千玲が好きだと思いを打ち明けた。
いきなりそう言って押し倒そうとした遼太郎を千玲は避けているうち
遼太郎は千玲の父の薦めでイギリス大使の通訳の仕事で渡英する。
数年後父を亡くした千玲は父が莫大な借金を背負っていたことを知るが
文学史か知らない千玲には借金を返すあてもなかった。
そんなときに再会した遼太郎はその借金の返済の肩代わりをするほどに変わっていた。

だめだこれ以上書いたらかなりのネタバレになってしまう・・・

でもとにかくエロいです。


表現がすごい。
これは官能小説みたいにや~らしいし
挿絵もきれいです。
興味があればぜひ読んでみてください。


最後はマンガ


お金がないっ 8 (8) (バーズコミックス リンクスコレクション)
幻冬舎コミックス
香坂 透

ユーザレビュー:
報われない恋(笑)今 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



出ましたね~待望の8巻

天使のようにかわいい綾瀬に狩納の秘書が久芳が密かに思いを寄せていた。
というお話。
おもしろいわぁ~やっぱり・・・


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年04月01日 20:52
こんばんは~☆
お金がないっ!新刊出てたのですね(^U^)
最近本屋へ行った記憶が無いほど足を運んでないので・・・知らない本が沢山ありそうです(>△<;)
久芳兄。加納さんがいる限りは報われない・・・でしょうね。
るる
2009年04月02日 09:24
hasyu様

こんにちは
そうなんですよ。私も知らなくてたまたま本屋の新刊コーナーで発見しました。
加納さんは悪魔のようだという表現がいたるところにあり、久芳兄弟が雇われるまでのエピソードもありました。おもしろかったですよ。
ゆの
2009年04月04日 08:49
るる様☆こんにちは

今日は出かける予定なので本屋さんも覗こうと思います♪
>八雲泉
どこかで聞いた事が・・・小泉八雲でした
>詩に~
の挿絵は水名瀬さんでしょうか?
綺麗ですね
るる
2009年04月05日 12:27
ゆの様☆こんにちは

本屋では良い本は見つかりましたか?
最近はかなり充実しているところが増えていますね。
八雲と聞いて私は「心霊探偵 八雲」を思い浮かべてしまいました。小泉八雲作家でしたっけ?
確かにそこから名前をとっているかもしれませんね。

詩に~のイラストは確かに水名瀬雅良です。
そういえば軍服の時のイラストを描かれていた方と
同じでしょうか?
最近イラストも作家さんも多くて覚えられません(汗)でも気づくと同じ方のイラストだったりしますね。きっと自分の好みの絵なんですね。
2009年04月09日 06:25
るるさんおはようございます。
楽しそうな本がいっぱいですね。
『接吻両替屋奇譚』
サブタイの「恋人は悪徳商人!? 」て言う方が
おもしろいなあ。
>この1冊目はまだBL場面はありません。
う~ん。BLシーンばっかり。って言うのも、あんまり
好きじゃないんだけど、やっぱ、一回もないのも
淋しいんですよね~。でも、それで
読ませちゃうんだから、お話が面白いんでしょうね。
「お金がない」は、前巻を買いましたが、やっぱり
最初から読まないと、お話がよく分からないので
今回は、あきらめました。今回はるるさんの紹介で
読んだ気になっておきます~~。
2009年04月10日 13:21
poppy-23様
こんにちは
そうですね「悪徳商人」っていう響きに時代劇の悪役のイメージが浮かびますね(笑)
そうなんですよこの方の本は皆1冊目はエロ無しなんです。もともとホワイトハートというシリーズ自体が女性向けでもBLとは限らないものみたいです。
けど面白いです。
お金がないはねぇ~確かに最初から読まないとわからないかもしれませんね。
これは双子の秘書がいてそのうちのひとりの話なんですが、なかなか面白かったです。