オリジナル小説『銀色の満月』11

【薫の部屋】

2人は黙って歩き出した。

「ここだよ」
駅から歩いて10分ほど行くと商店街が広がっている。
その商店街の横を入ったところに小さめのマンションが建っていた。
そのマンションの入口に立って薫が翔太を振り返った。
こんなところまでついてきたことを今更のように翔太は後悔している。
薫は可愛く一緒にいるとすごくドキドキする。
だから離れがたくてこんなところまで来てしまった。
「どうしたの?早く入って」
薫はマンションの入り口でためらう翔太の手首を掴んで引き入れる。
こぢんまりとしたマンションだが、きれいに花が飾られたり
掃除がいきとどいていて清々しい。
薫のようなきれいが子が住むのにふさわしい場所だと思った。
けれどもこの子の考えていることがよくわからない。
どうして翔太をいきなり招待してくれるのだろう?
まだ出会ってからそれほど親しくなったわけでもないというのに・・・
翔太はエレベーターに乗って斜め後ろから薫の顔を見つめていた。
薫はエレベーターを降りると真っ直ぐに歩いて自分の部屋の前で鍵を開けた。
「どうぞ、何もないけど」
翔太がそう言われて玄関に入るとフワッと花の香りがする。
(あっ、薫の香りだ)
決してきつくはなく清々しい清潔な香りだった。
そのまま真っ直ぐに入っていくと、正面が窓になっている。
もう一部屋寝室らしい部屋のドアが見えた。
しかし、薫以外の人が生活している気配は全くない。
「一人暮らしなの?」
翔太が尋ねると薫は肩をすくめた。
「まあ、そんなようなもんだね。母と一緒なんだけど彼女はほとんど海外でせいかつしているんだ。年に1回戻れば良い方だね」
「寂しくないのか?」
翔太が薫を見つめると薫は微笑んだ。
「うん、翔太がいてくれるし」
「えっ」
「ねぇ、これからもここに来てくれる?」
そんな風に言われてどこか嬉しい気分になる。
翔太は頷いていた。
「わぁ、良かった。嬉しいよ。今日は泊まっていってもいいよね」
薫の顔がパッと明るくなる。
翔太は仕方なく家の者にメールを打った。
翔太の家も両親は忙しくてあまり会話をすることもない。
どうせ帰っても話し相手は使用人くらいだった。

夕食は2人で近所のコンビニでおにぎりやサンドイッチを買って済ませた。
そのほかに飲み物やお菓子などを買って
何となく合宿や修学旅行みたいにワクワクした。
2人でテレビを見たりゲームをやっているうちに夜は更けていった。
翔太が心配するようなことは起きていないしそんなムードにもならなかった。
安心して風呂に入って出てきた。
「翔太はどこで寝る?僕と一緒にベッドは嫌だよね」
そんな風に聞かれるとなぜか嫌だとは言いにくい。
「そんな、いいよ一緒で」
「本当?!じゃあ隣に寝ようね」
薫の笑顔は魔法のようだ。
ついつい自制心を失いそうになる。
そう言われてベッドに横になると薫が隣に横になった。
まだ乾ききらない薫のシャンプーしたばかりの髪の匂いがたまらない。
それでも翔太は何とか眠りについた。


<つづく>

ブログ村バナーポチッと応援宜しくお願いします!






読了、お疲れ様です。
どこまでいったか忘れるくらい間があいてしまいました。

オリジナルも楽しい。
最近小説は読むのも書くのも楽しいです。

もうブログ小説はプロット状態というかメモ書き状態です。
後できれいに整理できればいいのに
めんどいからきっとやらない。。。。

オリキャラが書けない
誰かイラスト描いてくれないかなぁ~(遠い目)

二次の方はそのうちやりたいと思っています。
忍たまとか忍たまとか忍たまで(笑)

突然トッポギ食べたいと思いました。
いえ、決して美味しいとは思わないけど、何となく食べたい。
気が向いたら雲雀さんが獄寺君にトッポギ食べさせるの図をアップしたいなぁ~
↑多分無理・・・・帰ったら原稿やるはずです。。。





TVアニメ「忍たま乱太郎」こんぷりーとDVD-第16シリーズ- 一の段
ジェネオン エンタテインメント
2009-06-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆの
2009年04月21日 18:33
るる様☆こんばんは

このぐらいの年代の頃を思い出すと
お泊りってすごくワクワクで楽しくって
コンビニ弁当もスッごく美味しく感じるんですよね
(最近のコンビニ弁当、スィーツは侮れません~
・・・って二人でどんな風に夜を過ごすのでしょう

会社に韓国出身の方がいらして
トッポギ頂くんです~
るる
2009年04月22日 09:36
ゆの様
こんにちは
そうそう、この年代に限らず今でも
お泊まりは楽しいvv
最近はめっきり減りましたけど
確かに友達とならコンビニ弁当も美味しいですね。
スイーツ。。。食べたいとは思いますが高くて・・・
意外とケーキ屋さんと変わらないくらいの金額ですね。
でも美味しそうです

なんと韓国の方がいらっしゃるのね。
トッポギは私も韓国の屋台で食べました。
いえ、決して美味しいとは思わなかったのでいすが
急に食べたくなのました(笑)
凛子
2009年04月22日 11:56
るる様、こんにちゎ★

相変わらず謎を秘めた素敵薫君だけど
今回はなんだか可愛い高校生2人を
垣間見れた感じがしましたぁ(´∀`*)
全体的に笑顔になっちゃう感じで
でも、このままってわけには…かな!?www
ワタクシも誰かに絵書いて欲しいよぉ!!!

トッポギって急に食べたくなりますよね★
ワタクシはモチッとしたものが好きなので
結構トッポギ好きだったり(/ω\*)
るる
2009年04月22日 12:48
凛子様

こんにちは
そうですね今回は何も起きなかったです。
けど嵐の前の静けさ
かも・・・
2人の学生らしい一面もいいかなぁ~と思って書いてみました。
イラストは凛子さんもよろしければぜひ書いてやってください。えっ、凛子さんも?!
オリキャラ?!そういえば利土井書きますねvv
土井先生ちと難い・・・練習中です・・・

トッポキお好きなのね。
お餅美味しいですよね~そういえば伊作が餅食べてる同人誌があって可愛かったのを思い出してしまいました。
トッポギね、あまり味の記憶がないんですよ