泣けるBL

昨日はREBORN!の全国大会にサークル参加してきました。
雲雀×獄寺スペースの多さに驚いていたら会場がとても広くてびっくりした。
2000サークルもあったらしい。

そして同時開催のスパークが他西会場と東会場を使っていて、
東会場の一角で行われていた「リクナビ」のリクルートスーツ&腐女子の大行列が異様でした。
会場を行ったり来たりしながら、結局ハンターとなっていた自分・・・またしても本が増えてしまいました。。。。




ところで、
偶然本屋で見かけた本のお話です。
先日お友達のpoppy-23さんのブログにもアップされていてやっぱり読みたくなりました。



「王子と小鳥」中山ヒコさん

実はこの中山ヒコさんテニプリの同人誌を書かれていて
夏コミか何かで偶然買ってから、とても大好きです。
その時のカップリングは氷帝の跡部と宍戸だったんですけど、これが良かったんですよvv

その時の記事はこちら 

イラストとか見たくないので下げちゃったりしてますけど(汗)


で、買ったんですけど
これが泣けるわ

あらすじ読むと謝金のカタにアラブの国に売られていくという
BLではありがちな設定だったんですけど実はそれが少し違う。
この王様はなぜか我慢強い。好きになって余計に手出しができない。
その葛藤がまたいいんですよ~
同人誌とかではそういうストーリーは結構お約束なんですけど
何度読んでも好きだなぁ


そして同じくヒコさんの本もう一冊

「丸角屋の嫁とり 」

これがよく考えるとストーリー的には似ています。
でもいい・・・
武家の妾の子の鈴は本妻の男子よりも年が上なので男を偽って
女の子として育てられた。
ある日町に出かけたところでトラブルが起きてそれを助けに来た男が
男らしくて羨ましく思えた。
それは好きとか言う感情ではなくて男として自分もそんな風に生きられたらいいという憧れでした。
そんな鈴に女としての縁談の話が持ってこられて
父親に断ろうとしたらお金のためにと泣きつかれてしまう。
泣く泣く承知していざ女とバレそうになれば自害する覚悟で嫁に行く・・・
という話でした。
もうね純愛でほのぼのした話なんですけど、この方のお話はどこか惹かれます。
機会があればぜひ読んでみてください。






丸角屋の嫁とり (ディアプラスコミックス)
新書館
山中 ヒコ

ユーザレビュー:
あったかい気持ちにな ...
ついつい何度も読み返 ...
抱き合わせ作品がよか ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
芳文社
山中 ヒコ

ユーザレビュー:
お見事です連載もたま ...
オトナ向けなBL童話 ...
アラブの王子×日本人 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年11月03日 06:38
るるさま先週、レイ様をお手伝いして
今週は「REBORN!の全国大会」でしたか?
すごいバイタリティですね!
お疲れさまです。
そ、そんな、すごい体験をサラッと交わして
>先日お友達のpoppy-23さんのブログにもアップされていてやっぱり
ありがとうございます。うれしい。
私の感想で、気になってくださったって。
>実はこの中山ヒコさんテニプリの同人誌を書かれていて
あ、そうなのね。「テニプリ」描いてたんだ~。
でも、共感していただいてうれしいです、
「丸角屋の嫁とり 」
も、よかったですよね。何がいいって、あの
お姫様の口調ですよ。ツンデレにも、ほどがある~!
あの姫さま、なるが故のはすっぱな口調に
萌えちゃいました。
さすが、るる様。お目が高い~~。
ありがとうございます~。
2009年11月03日 08:44
その、「スパーク」の方に出かけて行って、
36冊だか、戦利品を運び込んだネコ娘。
リクルートのお兄さんたちに、じろじろ見られたぁ、
って言ってました。
黒のレースのミニスカートに、網タイツ、
なんて格好してるんだもん。

るる
2009年11月03日 11:03
poppy-23様
おはようございます。
はい、さすがに少し疲れてしまいました。
最近夜があまり起きていられないんです。。。

ところで本の方、これ良いですよね。
中山ヒコさんは同人の個人本も買ったんですけど
どれも話がすごく良いんです。
「丸角屋~」そうそうお姫様の口調良いですよね~
ツンデレ?みたいな感じがたまらないですね~
他の本も全部読みたくなっちゃいました。
るる
2009年11月03日 11:09
かおりさま
どうやらネコ娘さんとは行動パターンが似ているようです(笑)
私もスパークにも出向いてきました。
どこかですれ違っていたんでしょうか?そのお姿見てみたかった(クソッ!)
ああ、いましたよリクルートスーツの男子が腐女子をナンパしている図が!!
あ~あと思って見てしまった(笑)
でも36冊は重かったですね~すごい!!
私は今回はリボで5冊くらい黒子で6冊くらい忍たまで5冊くらいだったか・・・もっと買いたかった(泣)
ゆの
2009年11月04日 18:57
るる様s☆こんばんは

イベントお疲れ様でした~
「王子と小鳥」
泣けるお話なのですね
表紙絵も素敵
子供の頃読んだ、銅像の王子様とツバメの話を思い出しました
るる
2009年11月05日 00:28
ゆの様
こんばんは
ありがとうございます。
本当に絵もちょっとおとぎ話風ですよね。
王子とツバメ・・なつかしいです。
確かとても悲しいお話でした。
これはそんなことなかったですよvv