「純白の条件」読んだ

画像


食満です。パステル調にしてみました。


久しぶりに読んだ本の紹介します。
ここのところあまりBL読んでなくて久しぶりに2冊くらい読みました。
1冊目は割と普通のびーえるだったんですが
もう一冊は変わった話だと思ったら、雪代鞠絵さんでした
以前も学園ものを読んですごく印象に残っていた作家さんでした。

以下ネタバレ注意!!




読みたいと思った方は見ない方がいいかもです。
































もういいかな

主人公の羽根は両性具有者でした。
村の座敷牢に閉じこめられて幼少期に言葉さえもわからず暮らしていました。
これだけ見るとすごく暗くて悲しくエロっぽいイメージなんですけど
不思議と全くそういうイメージがなく、むしろ明るい印象を受けました。
その座敷牢から羽根を出したのが村の実力者の息子だった冬月。
父親カ亡くなったために家督を継いで羽根を出すことができた。

ここまで読むとてっきり冬月が羽根の相手と思うかもしれませんが
本当の相手はその弟の日夏。幼い頃、忙しい冬月にかわって羽根と一緒に過ごしました。
ところが羽根は体の秘密を誰にも言ってはいけないと冬月に言われ
更に日夏に近づいてもいけないと言われました。
冬月は医者で羽根の体を正常の男にするための治療を毎週しています。
その治療は薬を飲んだ羽根は眠くなり目が覚めると分娩台に載せられていることしか
羽根にはわからない。
それでもあの座敷牢から出してくれた冬月はとても信頼していました。

とここまで書いてみても結果どうなるのか
わかりにくいストーリーがおもしろかったです。
あとがきにかいてあったのは
両性ものは色々と難色を示す出版社側の意見とかもあったらしいです。
それをあえてBLとして書き上げたこの作品はなかなか素晴らしいと私は思いました。

イラストもみろくことこさんでかわいらしくて良かったです。
機会があればぜひ読んでみてください。



純白の条件 (B‐PRINCE文庫)
アスキーメディアワークス
雪代 鞠絵

ユーザレビュー:
何回読んでもハマる何 ...
違和感あり お話はO ...
高校生カップル VS ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年02月16日 03:18
るるさま読んでますね。
「両性具有」たしかにBLに限定するのは
どうでしょう?けども、あんまり女の子が
「両性具有」を面白がらないんじゃないかな?
やっぱ、BLでしょう。。。
おもしろそうですね~~。
>冬月は医者で羽根の体を正常の男にするための治療
をしている、風なのに何となく、やらしいですね~。
みろくさんも、大好きです~~。
ぜひ、読んでみたいですね。
るる
2010年02月16日 17:35
poppy-23様
いえいえpoppy-23さんにはとうていかなわない数ですが・・・
他の本を読んでいてもたまにBL読まなきゃダメですね←何が?!(笑)
確かに両性で女の子の部分の話とかはちょっとだけうーんって思いましたがしっかりBLでした。
そこのところは多分色々と大変だったんじゃないでしょうか?今読んでいる長編も偶然両性ものだった。
ぜひ機会があればどうぞ。でもみろくさんの絵はどっちかというとショタっぽいですよ。
ゆの
2010年02月18日 19:21
るる様☆こんばんは

パステル画は優しくて大好きです
なぜか自宅PCで次の記事に書き込みできなくって・・・
時計が壊れてしまうと二人の時間も止まってしまうのですね
梅が咲いているんですね~
この辺はまだのようです
刀箸(;゚д゚)ェ.. 気をつけて食べなくっちゃ
るる
2010年02月18日 21:54
ゆのさまこんばんは

ありがとうございます。
ゆのさんの描かれるイラストもいつもパステル調で綺麗ですよね
あれ?なぜでしょう?心配です。
2人の時間は止まった方が幸せ?でもこのイラストは
そんな風にはとても見えませんね。。もっと考えて描くべきでした。。。
えっ、ゆのさんちのほうはまだでしたか?
てっきりそちらの方が温かいと思っていました。
でも東京は温かいですよね。これも地球温暖化のせいなのかな?